宗教間対話

宗教間・文化間対話国際センター事務総長が来日、平和構築に対話の重要性を強調 草の根の対話を求める声も

宗教間・文化間対話国際センター事務総長が来日、平和構築に対話の重要性を強調 草の根の対話を求める声も

戦後70年と第二バチカン公会議から50年目を迎える今年、宗教間対話をより深めようと、在家仏教者の運動団体である立正佼成会の主催により、シンポジウム「『宗教の対話 / 対話の宗教』〜新しいモノガタリをつむぐ〜」が2日、同会大聖堂で開かれた。

2015年08月04日19時25分

ムスリムとの対話プログラムで板垣雄三・東大名誉教授らが発題 「自己批判と対話」など訴え

ムスリムとの対話プログラムで板垣雄三・東大名誉教授らが発題 「自己批判と対話」など訴え

9・10日に開催された「ムスリムと日本の宗教者との対話プログラム」では、中東・イスラム研究などが専門の板垣雄三氏(東京大学・東京経済大学名誉教授)や小原克博氏(同志社大学神学部教授)、山本俊正氏(関西学院大学教授・宗教主事)らが発題した。

2015年04月25日16時53分

WCRP日本委員会会長と世界イスラーム連盟事務総長、対話プログラムで共存訴え

WCRP日本委員会会長と世界イスラーム連盟事務総長、対話プログラムで共存訴え

「ムスリムと日本の宗教者との対話プログラム」の開会セッションでは、世界宗教者平和会議日本委員会の庭野日鑛会長と、世界イスラーム連盟のアブドッラー・ビン・アブドルムハセン・アルトルキー事務総長が基調発題を行い、諸宗教間の対話を訴えた。

2015年04月16日13時30分

相互理解求め、イスラム教徒と日本の宗教者が対話 声明で過激派の暴力を非難

相互理解求め、イスラム教徒と日本の宗教者が対話 過激派の暴力を非難

世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会と世界イスラーム連盟(MWL、本部:サウジアラビア・メッカ)は9日と10日、日本ムスリム協会の協力を得て、「ムスリムと日本の宗教者の対話プログラム―平和のための共通のビジョンを求めて―」を開催した。

2015年04月13日17時45分

エルサレム「シオンの丘」の墓地修繕 キリスト・イスラム・ユダヤ教徒が協力 反ヘイトクライムで

エルサレム「シオンの丘」の墓地修繕 キリスト・イスラム・ユダヤ教徒が協力 反ヘイトクライムで

エルサレム旧市街近郊の「シオンの丘」に住むキリスト教徒とイスラム教徒はここ数年、甚大なヘイトクライム(増悪犯罪)の標的となってきた。しかし、3つの宗教の信者らが、共にシオンの丘にある墓地を修繕することで、この不寛容に立ち向かおうとしている。

2015年03月07日7時26分

キリスト教の司祭とイスラム教のイマムが交流 相互理解から協働へ(2)

キリスト教の司祭とイスラム教のイマムが交流 相互理解から協働へ(2)

しかし、いまだにこういった関係には困難が残る。司祭は決してモスクでは歓迎されないし、イマムは決して教会では歓迎されないという者もいる。自分の宗教の栄光を強調する者もいるし、一見他の参加者が乗り気ではないように見えるという者もいる。

2014年12月10日23時56分

キリスト教の司祭とイスラム教のイマムが交流 相互理解から協働へ(1)

キリスト教の司祭とイスラム教のイマムが交流 相互理解から協働へ(1)

エジプト革命でうたわれた全てのスローガンの中で、「One Hand(ひとつの手)」が最も人気があった。数千人もの人が、イスラム教徒とキリスト教徒の一致、民衆と軍の一致、そしてテロリズムに対する闘いにおける一致を示すためにこのスローガンを叫んだ。

2014年12月10日23時46分

キリスト教と神道が対話 「環境問題」「祈り」について2宗教が協調の道筋探る

キリスト教と神道が対話 「環境問題」「祈り」について2宗教が協調の道筋探る

日本聖公会聖アンデレ教会(東京都港区)で22日、神道国際学会主催によるセミナー「キリスト教と神道との対話」が行われた。今回話し合われたテーマは、「環境問題と宗教」と「宗教における『祈り』の意味」の2つ。

2014年11月25日18時42分

埼玉県八潮市で3大宗教シンポ 地元で活動する住職・牧師・イマムが講演

埼玉県八潮市で3大宗教シンポ 地元で活動する住職・牧師・イマムが講演

埼玉県八潮市などで活動する仏教、キリスト教、イスラム教の各宗教者によるシンポジウムが15日、同市内にある特別養護老人ホーム「杜の家やしお」で、「 “チガイ”を知れば、 “オナジ”に気づく」をテーマに開催され、地元市民ら約40人が参加した。

2014年11月18日15時21分

「地球を癒やし、気候変動と闘おう」 宗教指導者が共に礼拝、共同声明を発表

「地球を癒やし、気候変動と闘おう」 宗教指導者が共に礼拝、共同声明を発表

米ニューヨークの国連本部では23日、各国首脳らが参加する国連気候変動サミットが開かれた。サミットを前にした日曜日の21日には、ニューヨーク大聖堂で様々な宗教の指導者らが参加する諸宗教間礼拝が行なわれた。

2014年09月25日10時51分

グローバル化社会で宗教はどう対話し対応するか 同志社で日本宗教学会

同志社大学(京都市上京区)で12日から3日間にわたり、日本宗教学会の第73回学術大会が開催された。グローバル化が進み宗教や信仰が移り変わる中、生命倫理や国際政治、社会に対して、宗教がどう対話し対応していくか議論が行なわれた。

2014年09月15日18時43分

「多宗教世界におけるキリスト者の証し:信仰の実践のための提言」全訳

世界教会協議会(WCC)、ローマ教皇庁諸宗教対話評議会(PCID)、世界福音同盟(WEA)によって、2011年に出された「多宗教世界におけるキリスト者の証し:信仰の実践のための提言(Christian Witness in a Multi-Religious World: Recommendations for Conduct)」の本紙による日本語訳(非公式)。

2014年09月05日20時38分

宣教における「尊重」をテーマにドイツで国際会議 WEA・WCC・カトリックなど代表者250人が参加

宣教における「尊重」をテーマにドイツで国際会議 WEA・WCC・カトリックなど代表者250人が参加

世界中から250人を超える宣教従事者と教会指導者がドイツ・ベルリンに集まり、8月27〜28日に「ミッション・リスペクト(尊重という宣教)会議」を開催した。会議では、2011年に採択した文書「多宗教世界におけるキリスト者の証」を再検討した。

2014年08月29日23時33分

インドのキリスト者ら、異宗教理解の宣教を呼び掛け

セランポール大学神学教育委員会(BTESSC)は、インド福音同盟、インド教会協議会および平和のための異宗教間連合と共に国家レベルのキリスト教指導者協議会と共に2月29日から3月2日まで協議会を開催した。

2012年03月21日10時33分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース