12月1日午前9時更新

国内外の発生状況

( )内は前日の増減数

12月1日午前9時更新、( )内は前日の増減数
日本世界
感染者数 148,901
(+2,056)
63,139,635
(+292,938)
死者数 2,151
(+13)
1,465,963
(+4,006)
回復者数 125,580
(+1,554)
40,352,380
(+168,782)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE
 ※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く。

新型コロナウイルスの最新ニュース

新型コロナと闘う医療従事者の心のケアを 心理専門職や臨床宗教師が傾聴の無料サポート

コロナと闘う医療従事者の心のケアを 心理専門職や臨床宗教師が傾聴の無料サポート

新型コロナウイルスとの闘いで多くのストレスを抱える医療従事者を支えようと、心理専門職や認定臨床宗教師などの有志が立ち上がり、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を活用して無料で傾聴を行う取り組みを始めた。

2020年05月13日11時08分

コロナウイルスの世界の中、神はどこにいるのか? オックスフォード大教授インタビュー

コロナウイルスの世界の中、神はどこにいるのか? オックスフォード大教授インタビュー

オックスフォード大学の数学者でクリスチャンのジョン・レノックス氏が書籍『コロナウイルスの世界の中、神はどこにいるのか?』を出版し、「愛である神が、なぜ新型コロナウイルスのような存在を許されたのか」などの問いに向き合った。

2020年05月11日19時10分

米国家祈祷日、ライブ配信で開催 オーラル・ロバーツ大学長、コロナは「リバイバルの前触れ」

米国家祈祷日、ライブ配信で開催 オーラル・ロバーツ大学長、コロナは「リバイバルの前触れ」

米国で7日、毎年恒例の「国家祈祷日」が持たれた。例年は全米各地の約6万カ所で、国家のために祈るイベントが開催されるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、インターネットによるライブ配信で開催された。

2020年05月10日23時55分

手作りマスク約200枚を地域に配布 宇都宮市の峰町キリスト教会

手作りマスク約200枚を地域に配布 宇都宮市の峰町キリスト教会

新型コロナウイルスの感染予防に役立ててもらおうと、宇都宮市の峰町キリスト教会(安食弘幸主任牧師)がこのほど、近所の住民や老人ホーム、保育園に手作りマスク約200枚を配布した。

2020年05月10日23時50分

コロナでも「しぶとくしなやかに、諦めずに信仰生活」 日本福音ルーテル議長談話

日本福音ルーテル教会は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長を受け、教職者と信徒に向けた議長談話を発表。教会での集会を自粛するよう呼び掛けつつ「しぶとくしなやかに、諦めずに信仰生活を豊かなものとしてゆきたい」とした。

2020年05月08日21時32分

お茶の水クリスチャン・センター(OCC)

お茶の水・大阪の両クリスチャンセンター、緊急事態宣言延長で休業・休館延長

新型コロナウイルスに関する「緊急事態宣言」が、当初の期限の6日から31日まで延長されたことを受け、お茶の水クリスチャン・センターと大阪クリスチャンセンターは、それぞれのホームページで、休業または休館を31日まで延長すると発表した。

2020年05月07日22時06分

ドイツの教会で礼拝再開 接触制限は継続、賛美や握手は禁止

ドイツの教会で礼拝再開 接触制限は継続、賛美や握手は禁止

新型コロナウイルスの感染防止のため、約1カ月半にわたってさまざまな施設の閉鎖措置が取られていたドイツで、教会などの再開が今週から許可され、日曜日の3日には多くの教会で対面式の礼拝が行われた。

2020年05月07日16時29分

東京基督教大学・TCU

東京基督教大学が「緊急学生支援コイノニア募金」 新型コロナで

東京基督教大学(TCU、千葉県印西市)は4日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で経済的な困難を抱える学生の支援と、全面オンライン化した授業の充実を目的とした「TCU緊急学生支援コイノニア募金」を始めた。

2020年05月06日15時59分

新型コロナで影響受けるクリスチャン・アーティストを支援へ 東北応援団がクラウドファンディング

新型コロナで影響受けるクリスチャン・アーティストを支援へ 東北応援団がクラウドファンディング

新型コロナウイルスの影響により、経済的に困窮しているクリスチャン・アーティストを支援しようと、「東北応援団 LOVE EAST」が新たに「クリスチャンアーティストサポート部門」(CAS)を設置し、クラウドファンディングを始めた。

2020年05月05日20時28分

ローマ教皇フランシスコ

5月14日は諸宗教で心合わせ「祈りと断食を」 教皇が呼び掛け

ローマ教皇フランシスコは3日、正午の「アレルヤの祈り」で、5月14日(木)を「祈りと断食の日」とし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の収束のために、諸宗教の指導者や信者と共に心を合わせて祈り断食するよう呼び掛けた。

2020年05月05日17時36分

コロナのせい? いえいえ、「コロナのおかげ」です!(2)

コロナのせい? いえいえ、「コロナのおかげ」です!(2)

前回に引き続き、新型コロナウイルスから受け止めるべき「ポジティブ」な側面を切り取ってみたいと思う。前回は教会のメディアリテラシーが向上していることをお伝えした。さて今回はどんなテーマで?と考えた結果、少し神学的なテーマに踏み込むことにした。

2020年05月02日22時05分

オンライン礼拝で Zoom・YouTube・Facebook を活用する具体的な方法と課題

オンライン礼拝で Zoom・YouTube・Facebook を活用する具体的な方法と課題

コロナウイルスの影響でオンライン礼拝を余儀なくされている教会が増えています。パソコンの設定などに詳しい人がいない教会では、対応に苦労されていると思います。そこでオンライン礼拝の具体的な方法と課題についてシェアさせていただきたいと思います。

2020年05月01日18時22分

コロナのせい? いえいえ、「コロナのおかげ」です!(1)

コロナのせい? いえいえ、「コロナのおかげ」です!(1)

「何というタイトルだ!」とお怒りになる前に、次の出来事を知ってもらいたい。4月10日付の米CNN(日本語版)のニュースで、以下のような記事を発見した。このような記事を読むと、何だか足をすくわれたような気がしないだろうか。

2020年05月01日11時23分

教会

米教会、新型コロナで65%が献金減少 小規模教会は存続に危機感

新型コロナウイルスの感染拡大により、全米の65%の教会で献金が減少していることが最近の調査で分かった。献金の減少率で見ると、34%の教会で10~20%、22%の教会で30~50%、9%の教会で75%以上献金が減ったという。

2020年04月30日19時59分

自殺者、ホームレスの増加を食い止めたい NPO法人・抱樸が1億円CF開始、活動を全国へ

自殺者、ホームレスの増加を食い止めたい NPO法人・抱樸が1億円CF開始、活動を全国へ

新型コロナウイルスによる経済的影響で今後多くの生活困窮者が出ることを懸念し、NPO法人「抱樸(ほうぼく)」が28日、目標金額1億円のクラウドファンディングを始めた。28日のオンライン会見には、理事長で牧師の奥田知志(ともし)氏らが出席した。

2020年04月29日17時39分

青山学院大学

青山学院大学、新型コロナ支援で全学生に一律5万円支給 総額11億円

青山学院大学(阪本浩学長、東京都渋谷区)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済支援として、全学生に一律5万円を支給することを発表した。対象はすべての学部生、専門職大学院生を含む大学院生で、総額は11億円に上る。

2020年04月28日17時19分

地元自治体に布製マスク約350枚寄付、茨城県筑西市の幸町キリスト教会

地元自治体に布製マスク約350枚寄付、茨城県筑西市の幸町キリスト教会

茨城県筑西市の単立・幸町キリスト教会(栗﨑路牧師)が、縫製屋を営む教会員の協力を得て布製マスク560枚を作り、教会が関係するサッカースクールの関係者に配布したほか、地域の住民に使ってもらおうと、筑西市に約350枚を寄付した。

2020年04月28日10時38分

YWCA、特別定額給付金に関し政府に要望書 DV被害者への配慮など

新型コロナウイルスの緊急経済対策として、国民に一律10万円が給付される特別定額給付金について、日本YWCAや各地のYWCAの会長、運営委員長ら25人は24日、家庭内暴力(DV)被害者への配慮などを求める要望書を発表した。

2020年04月28日6時14分

立教大学

立教大、全学生に奨学金一律5万円給付 総額10億円規模 コロナ支援策

立教大学は、新型コロナウイルスの緊急支援策として、約2万人の学生全員に一律5万円の奨学金を給付することを決めた。30日から始まるオンライン授業に向けて、パソコンの購入など学生側の学修環境整備を支援するため。給付額は総額で10億円規模に上る。

2020年04月27日14時20分

聖書翻訳とAI使い少数民族にコロナ関連情報を提供 500以上の少数言語に翻訳

聖書翻訳とAI使い少数民族にコロナ関連情報を提供 500以上の少数言語に翻訳

世界各国の政府は、新型コロナウイルスに関するさまざまな注意喚起を行っている。しかし少数民族の多くは独自の言語を話すため、正確な情報が届かない恐れがある。こうした中、聖書翻訳とAIを用いて感染予防に関する情報を翻訳する取り組みが行われている。

2020年04月25日22時28分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース