日本聖書協会、古本募金の寄付増 例年の2倍以上に

2020年10月20日09時51分 印刷
+日本聖書協会、古本募金の寄付増 例年の2倍以上に
日本聖書協会の海外聖書支援先で聖書を手にして喜ぶ男の子(写真:日本聖書協会提供)

コロナ禍で在宅時間が増大しているのに伴い、日本聖書協会の古本募金を利用する人が急増している。2015年の春から受付を開始し、寄付額は年間10〜20万円を推移していたが、今月年度末を迎える今期の寄付額は45万円超に達する見込みだ。

古本募金は、支援者から寄せられた古本やDVDなどを、提携する古本業者が受け取って査定し、その金額が寄付される仕組み。マッチング献金として、1件につき100円が古本業者からも寄付される。値段がつかなかった場合も、福祉施設やチャリティーマーケットでリユースするなど有効活用される。

5月から案内を増やし、物流に配慮して緊急事態宣言解除後の利用を呼び掛けたところ、6月以降に利用者が急増した。使途は「海外への聖書支援」「手話訳聖書支援」「点字聖書の製作費支援」などから選べるが、大部分は指定がなく、主に海外への聖書支援に充てられている。

募金部主任の高橋章子さんは、「査定額が低いときには、本を大切にされてきた思いに対して申し訳なく思いますが、1件で10万円を超える寄付を頂くこともあり、大変ありがたく、感謝しております。古書以外でも、CDやDVDなど献品をお受けできるものがありますので、ぜひ多くの方にご利用いただければ」と話している。古本募金の申し込み・問い合わせはこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース