リビア

リビアでISに斬首されたコプト教徒20人の遺体、エジプトに帰還

リビアでISに斬首されたコプト教徒20人の遺体、エジプトに帰還

北アフリカのリビアで2015年に過激派組織「イスラム国」(IS)に斬首されたエジプト人コプト教徒20人の遺体が14日、首都カイロに到着した。遺体は昨年10月、ISの元関係者の証言に基づいた調査で見つかり、回収されていた。

2018年05月16日18時20分

イスラム国・IS

ISに殺害されたコプト教徒21人の遺体、リビアの要塞跡近くで見つかる

北アフリカのリビアで2015年に、過激派組織「イスラム国」(IS)によって殺害されたコプト教徒の男性21人の遺体が見つかった。リビア内務省が7日、ISの要塞(ようさい)跡近くに埋葬されていたのを発見したと発表した。

2017年10月11日22時53分

イスラム国・IS

コプト教徒21人斬首事件、ISの実行犯ら7人に死刑判決

2015年2月に北アフリカのリビアでエジプト人コプト教徒21人が、過激派組織「イスラム国」(IS)傘下の組織に斬首された事件で、エジプトの裁判所は16日、事件やISと関わりがあるとして7人に死刑判決を下した。

2017年09月22日11時34分

イスラム国・IS

「誇りに思う」 ISに斬首されたコプト教徒21人の子どもたちの今

過激派組織「イスラム国」(IS)が、コプト教徒の男性21人を斬首する動画を公開してから2年4カ月余りが過ぎた。殉教者の子どもたちは、自分の父親が殺されるという悲劇にもかかわらず、父親が信仰を捨てることを拒否し、命をささげて示した勇気を「誇りに思う」と話している。

2017年06月18日23時46分

ウィクリフ聖書翻訳協会のスタッフ4人殺害 翻訳者1人は無事 中東

教皇、イラクやリビアの文化を考慮しない欧米の民主主義輸出を批判

教皇フランシスコは、仏カトリック紙「ラクロワ」5月16日付のインタビューで、欧米がイラクやリビアの文化を考慮せずに民主主義を輸出しようとしたことが、過激派によるテロが続く現状につながったとの考えを示した。

2016年05月23日20時39分

リビアでの斬首:赦しが憎悪に勝った1年

リビアでの斬首:赦しが憎悪に勝った1年

2015年2月15日、黒い服を着て覆面をした過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員が、オレンジのつなぎの服を着た21人のコプト正教徒とともにリビアの海岸を歩いている動画が公開された。

2016年02月22日23時36分

IS、リビアでキリスト教徒の男性を斬首したとする動画を投稿

IS、リビアでキリスト教徒の男性を斬首したとする動画を公開

過激派組織「イスラム国」(IS)は、南スーダン国民と称するキリスト教徒の男性を斬首して殺害する動画を公開した。動画は、オレンジ色のつなぎの服を着た人質が、名前と国籍などを含む短い声明を述べている様子をおさめている。

2015年10月20日23時52分

「イスラム国」、エリトリア難民88人をリビアで拘束 キリスト教徒も

「イスラム国」、エリトリア難民88人をリビアで拘束 キリスト教徒も

キリスト教徒を含むエリトリア難民88人が、女性や子どもも含め、北アフリカのリビアで過激派組織「イスラム国」(IS)によって拘束されている。ISは、4月にリビアでエチオピア人キリスト教徒28人を殺害する映像を公開している。

2015年06月13日19時35分

イスラム教スンニ派最高学府、「イスラム国」を糾弾

イスラム教スンニ派最高学府、「イスラム国」を糾弾

イスラム教スンニ派の最高学府であるアズハル大学(エジプト・カイロ)が、過激派組織「イスラム国」(IS)が先月、エチオピア人キリスト教徒28人を虐殺したことを強く非難する声明を発表した。

2015年05月01日19時34分

IS、外国人医療従事者20人を条件付きで解放 リビア

過激派組織「イスラム国」(IS)は、北アフリカのリビアの病院から拉致した外国人医療従事者20人を、条件付きで解放した。同病院の職員によると、拉致されたのは主にフィリピン出身者で、他にはウクライナ、インド、セルビアの出身者もいるという。

2015年03月21日23時39分

ISによるキリスト教徒斬首後、160万部以上の聖句リーフレットが配布 エジプト

ISによるキリスト教徒斬首後、160万部以上の聖句リーフレットが配布 エジプト

リビアで「イスラム国」(IS)により21人のキリスト教徒が殺害されたことを受け、聖書リーフレット160万部以上が、エジプト全土に配布された。これは、エジプト聖書協会によるもので、同協会はエジプト史上「最も広範囲」なものではないかとしている。

2015年03月13日9時52分

コプト正教会、「イスラム国」に殺害された殉教者21人を列聖、教会も建立へ

コプト正教会、「イスラム国」に殺害された殉教者21人を列聖、教会も建立へ

コプト正教会の教皇タワドロス2世は21日、リビアで過激派組織「イスラム国」(IS)によって斬首された21人の信者を、同教会の聖人略伝集に加えた。同教会の米ロサンゼルス教区がウェブサイトで発表した。

2015年02月28日20時43分

「イスラム国」、南欧へ難民偽装テロを計画 英紙報道

英紙デイリー・テレグラフは17日、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)がアフリカ北部地中海沿岸のリビアをイタリアなど南欧への出撃拠点と位置付け、戦闘員をアフリカ・中東の難民に紛れ込ませて送り出し、主要都市や船舶を攻撃する計画を立てている、と報じた。

2015年02月24日14時58分

リビアで連続爆弾テロ、40人死亡 「イスラム国」系が犯行声明

アフリカ北部リビアの北東部デルナ近郊クッバで20日、3台の自動車爆弾が相次いで爆発するテロがあった。現場は治安当局施設やガソリンスタンドが並ぶ地区。40人が死亡、70人が負傷した。治安当局は自爆テロとの見方を示している。

2015年02月24日14時55分

「前進する唯一の方法は赦すこと」 コプト教徒の虐殺に対しアンジェロス主教がコメント

「前進する唯一の方法は赦すこと」 コプト教徒の虐殺に対しアンジェロス主教がコメント

英国のコプト正教会主教が、過激派組織「イスラム国」(IS)が、21人のエジプト人キリスト教徒を斬首した動画を公開したことを受け、ISの戦闘員のために祈り、赦さなければならないと語った。

2015年02月23日14時11分

フランクリン・グラハム氏、オバマ大統領のイスラム擁護姿勢を批判

フランクリン・グラハム氏、オバマ大統領のイスラム擁護姿勢を批判

福音伝道者のフランクリン・グラハム氏は、過激派組織「イスラム国」(IS)系の武装グループがコプト正教会信者21人を斬首した動画を公開したことを受けてコメントを発表し、バラク・オバマ米大統領の対応が「イスラム教を保護し続けている」と批判した。

2015年02月22日20時42分

イスラム国に殺害されたコプト教徒の兄弟、映像中に信仰の言葉残されていたことを感謝

「イスラム国」に殺害されたコプト教徒の兄弟、映像中に信仰の言葉残されていたことを感謝(動画あり)

過激派組織「イスラム国(IS)」により、北アフリカのリビアで殺害されたコプト正教会の信者21人のうちの2人の兄弟である男性が、殺害映像の中で兄弟たちの信仰の言葉が残されていたことを感謝した。

2015年02月21日19時51分

リビアの「イスラム国」系グループ コプト正教会信者21人を殺害

リビアの「イスラム国」系グループ コプト正教会信者21人を殺害

過激派組織「イスラム国(IS)」系のリビアのグループが15日夜、コプト正教会の信者21人を殺害したとする映像をネット上に公開した。映像は海辺で撮影されたもので、黒づくめの戦闘員たちが、オレンジ色のつなぎの服を着た男性たちを一斉に斬首した。

2015年02月16日14時58分

キリスト教支援団体、リビアの地雷除去へ

キリスト教支援団体、リビアの地雷除去へ

国連事務総長の潘基文氏は22日会見を行い、リビアでカダフィ政権が崩壊寸前にあることについて「リビアででの一連の出来事はこれからのリビアにとって希望を与えるものとなる一方、危険も伴っている」ことを伝え、リビア国民らがこれからのリビア再建に一致して焦点を当てていくように励ました。

2011年08月23日11時37分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース