IS、外国人医療従事者20人を条件付きで解放 リビア

2015年3月21日23時39分 翻訳者 : 木下優紀 印刷

米CNNの報道によると、過激派組織「イスラム国」(IS)は、北アフリカのリビアの病院から拉致した外国人医療従事者20人を、条件付きで解放した。

医療従事者たちは、リビア北部の都市シルトのイブンシナ病院が襲撃された際に拉致された。同病院の職員によると、拉致されたのは主にフィリピン出身者で、他にはウクライナ、インド、セルビアの出身者もいるという。CNNは、医療従事者たちを首都トリポリへ脱出させるためのバスが待機している間に、銃を持った男30人以上が病院を襲撃したと報じている。

しかし、病院職員が17日までに語ったところによると、ISは拉致した20人をシルトにとどまることを条件に病院近くの自宅に帰した。ISのメンバーの治療に応じる限り、身の安全を保証するとしているという。

拉致された医療従事者たちは現地の治安状況が悪化したため、シルトを去ろうとしていたところを拉致された。病院職員によれば、ISは彼らが負傷した戦闘員を唯一治療できるため、シルトにとどまってほしいと望んだという。

シルトは、2011年にリビア国民評議会軍によって、拘束され、殴られた上で銃殺された独裁者ムアンマル・アル・カダフィ大佐の最終拠点だった。

先月、リビアで21人のエジプト人コプト教徒を殺害したISは、すでに昨年シルトを制圧している。リビアの混乱した治安情勢は、カダフィ大佐の敗北以降、現地が政治組織ごとの統治に分裂してしまっていること、またさまざまな武装勢力が戦闘を繰り広げていることを反映している。この状況が、現地でのISの台頭を許してしまった背景にあるとみられている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース