IS、リビアでキリスト教徒の男性を斬首したとする動画を公開

2015年10月20日23時52分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+IS、リビアでキリスト教徒の男性を斬首したとする動画を投稿
「イスラム国」の戦闘員が、リビアで南スーダンのキリスト教徒の男性を斬首しているとみられる映像(画像:YouTube)

過激派組織「イスラム国」(IS)は、南スーダン国民と称するキリスト教徒の男性を斬首して殺害する動画を公開した。

リビアのIS支部により公開されたこの動画は、オレンジ色のつなぎの服を着た人質が、名前と国籍などを含む短い声明を述べている様子をおさめている。

その後、この男性はひざまずかされ、斬首された。

男性を斬首した者は、この殺人行為を南スーダンでのイスラム教徒に対する迫害の報復だと正当化した。

覆面をし、黒ずくめの服装をしたIS戦闘員は、「これは南スーダンにおいて、キリスト教徒の侵略者の手による不正義、殺りく、虐殺に苦しむイスラム教徒の兄弟へのメッセージだ」と述べた。

IS、リビアでキリスト教徒の男性を斬首したとする動画を投稿
この男性は「ムハンマド・アル=ガイド」と名乗っているが、スーダンでは通常キリスト教徒は「ムハンマド」とは名乗らないため、この名前はおそらく実名ではない。

「私たちはあなた方に、アッラーがあなた方のために報復し、あなた方を守るためにカリフの兵士を備えられたという良い知らせを運んでいる。私たちはあなた方を害するすべての手を切り落とす。南スーダンのキリスト教徒は、彼らが殺害すれば殺害され、私たちの兄弟を追放すれば私たちに同様に追い出されることを知るだろう。・・・ISの他に、安全とシェルターはない。あなた方が私たちと戦うなら、私たちもあなた方皆と戦う」

この動画は、リビアのキレナイカにあるIS支部が公開したとみられる。動画には、ファラジ・アル=サイティという名のリビア人兵士が銃殺される様子も映っていると、「リビア・ヘラルド」は報じた。リビア北東部のデルナで撮影されたとみられている。

南スーダンは世界で最も新しい国で、イスラム教徒が人口の97%を占めるスーダンから独立した。

2014年度の米国の「世界の宗教の自由に関する報告書 」では、南スーダンのイスラム教徒に対する組織的な差別については言及されていない。同国のイスラム教徒は、人口の20%を占める。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース