イオアン・サウカ

「和解の扉開いた」 シュトゥットガルト罪責宣言から75年、ドイツで記念礼拝

「和解の扉開いた」 シュトゥットガルト罪責宣言から75年、ドイツで記念礼拝

第2次世界大戦後間もなく、ドイツの教会が戦争に関わる罪を告白した「シュトゥットガルト罪責宣言」が発表されてから75周年を迎え、宣言発表の地であるドイツ南部の都市シュトゥットガルトで18日、記念礼拝が行われた。

2020年10月24日22時17分

アヤソフィア

アヤソフィアのモスク化 教皇「非常に悲しい」 WCC、再考求める

トルコのエルドアン大統領が10日、同国の歴史的建造物「アヤソフィア」を、イスラム教のモスクにすると発表したことを受け、ローマ教皇フランシスコは「非常に悲しい」と述べた。世界教会協議会(WCC)は再考と決定の取り消しを求めた。

2020年07月14日16時10分

世界教会協議会、サウカ氏を暫定総幹事に 第11回総会は22年に延期

世界教会協議会、サウカ氏を暫定総幹事に 第11回総会は22年に延期

世界教会協議会(WCC)の執行委員会は3日、オンライン会議を開催し、オラフ・フィクセ・トヴェイト前総幹事が3月末で退任した後、総幹事代行を務めていたイオアン・サウカ副総幹事を暫定総幹事に任命した。任期は来年6月に開催される中央委員会まで。

2020年06月07日19時20分

WCC、新型コロナで中央委を8月に延期 サウカ副総幹事が総幹事代行に

WCC、新型コロナで中央委を8月に延期 サウカ副総幹事を総幹事代行に

世界教会協議会(WCC)は、新型コロナウイルスの世界的な拡大を受け、3月18~24日に開催予定だった中央委員会を8月18~25日に延期することを決定した。また、執行委員会も6月15~22日と、中央委直前の8月17、18日に延期する。

2020年03月10日10時22分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース