世界教会協議会、サウカ氏を暫定総幹事に 第11回総会は22年に延期

2020年6月7日19時20分 印刷
+世界教会協議会、サウカ氏を暫定総幹事に 第11回総会は22年に延期
左から、世界教会協議会(WCC)の暫定総幹事に任命されたイオアン・サウカ氏、暫定副総幹事に任命されたオダイル・ペドロソ・マテアス氏、暫定事務総局長に任命されたダグ・チャイル氏

世界教会協議会(WCC)の執行委員会は3日、オンライン会議を開催し、オラフ・フィクセ・トヴェイト前総幹事が3月末で退任した後、総幹事代行を務めていたイオアン・サウカ副総幹事を暫定総幹事に任命した。任期は来年6月に開催される中央委員会までの約1年。

サウカ氏はルーマニア正教会の司祭。WCCには1994年から関わり、98年からスイス・ボセーにあるWCCのエキュメニカル研究所教授(宣教学・エキュメニカル神学)、2001年から同所長を務め、14年からWCCの副総幹事を務めていた。

この他、暫定副総幹事には、サウカ氏の推薦により、エキュメニカル研究所講師でWCC信仰職制委員会委員長のオダイル・ペドロソ・マティアス氏を任命した。また、暫定事務総局長には、アメリカ合衆国長老教会=PC(USA)=信徒でエキュメニカル研究の卒業生であるダグ・チャイル氏を任命した。マティアス氏はブラジル独立長老教会の牧師で、チャイル氏はブラジル・ポルトアレグレで開催された第9回総会(2006年)、韓国・釜山で開催された第10会総会(13年)の運営に携わった経験がある。任期はいずれも来年6月の中央委開催時まで。

執行委はこの日、2021年9月にドイツ南部のカールスルーエで開催を予定していた第11回総会を22年に延期することも決めた。新型コロナウイルスによる影響を考慮し、ドイツ福音主義教会(EKD)などのホスト教会と協議した上で決定した。開催日は22年後半の方向で協議されており、会場のコンベンションセンターと調整の上決定される。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース