武田清子ICU名誉教授、召天 100歳 世界教会協議会会長など歴任

2018年4月19日18時20分 印刷
+武田清子ICU名誉教授、召天 100歳 WCC会長など歴任
武田清子さんの近影(写真:遺族提供)

国際基督教大学(ICU)名誉教授の武田清子(たけだ・きよこ、本名・長清子=ちょう・きよこ)さんが12日、老衰のため召天した。100歳だった。故人の意思により、葬儀は家族で営まれ、後日偲ぶ会が開かれる。米留学時には、ラインホールド・ニーバーやパウル・ティリッヒらに師事。日本初となる世界教会協議会(WCC)会長を務めたほか、アジアキリスト教主義高等教育合同理事会(UBCHEA)理事などを歴任した。

1917年兵庫県生まれ。神戸女学院に進み、38年受洗。39年交換留学生として渡米し、オリベット大学、コロンビア大学、ユニオン神学校でキリスト教倫理学、宗教哲学、社会学を学ぶ。日米開戦に伴い42年、第1次日米交換船で評論家の鶴見俊輔や経済学者の都留重人らと帰国。46年丸山真男や都留、鶴見ら6人と雑誌「思想の科学」を創刊し、戦後日本のオピニオンリーダーの1人として活躍した。58年東京大学文学博士。

ICUでは53年から勤務し始め、61年同大教授(思想史、教育思想史)、同大教養学部長、同大大学院部長、同大アジア文化研究所所長などを歴任。88年同大名誉教授、名誉人文学博士。アジア文化研究所時代には、日本を含む「アジアの近代化とキリスト教」をめぐる数多くの研究プロジェクトを企画、後輩を指導しながら貴重な業績を相次ぎ公刊した。

この他、米国のプリンストン大学協力研究員、ハーバード大学協力研究員、英国のオックスフォード大学セント・アントニース・カレッジ客員教授、日本教育哲学会理事、日本イギリス哲学会理事、聖路加看護大学理事、日本比較思想学会評議員、宗慶齢日本基金会理事長などを歴任した。

主な著書に、『人間観の相剋(そうこく) 近代日本の思想とキリスト教』(59年)、『土着と背教 伝統的エトスとプロテスタント』(67年)、『背教者の系譜 日本人とキリスト教』(73年)、『正統と異端の"あいだ"』(76年)、『天皇観の相剋』(78年)、『日本リベラリズムの稜線』(87年)、『峻烈なる洞察と寛容 内村鑑三をめぐって』(96年)、『植村正久 その思想史的考察』(2001年)、『湯浅八郎と二十世紀』(05年)など。

夫は経済学者で東京外国語大学長を務めた故・長幸男さん。なお、遺族は花料・供花・供物を辞退している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング