「家族写真ばらまくぞ」世界教会協議会広報責任者、ハッカー集団から脅迫

2019年4月19日14時12分 印刷

世界教会協議会(WCC)の広報責任者を務めるマリアンヌ・エジダーステン氏が17日、「中国専門家集団」を名乗るハッカー集団から脅迫を受けた。ハッカーらは、エジダーステン氏の個人用メールアカウントをハッキングし、家族写真を入手したとして、72時間以内に15万9千ドル(約1780万円)を支払うよう要求。さらに家族写真を世界中にばらまくと脅した上、WCCのウエブサイトやソーシャルメディアのアカウントをハッキングするとも脅迫した。WCCが19日、発表した。

WCCのオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は、ハッキング攻撃を非難。「このような思いをするのは実にひどいことです。しかし公共の役割を担っていると、このような攻撃を受けることがあります」と述べ、「WCCはこのような脅威に決して屈しません」と、ハッカー側の要求には応じない考えを示した。

エジダーステン氏とWCCはすでに必要なセキュリティー措置を取っており、警察にも通報したという。

エジダーステン氏は「これは私と私の家族、またWCCや表現の自由に対する攻撃です」とコメント。「私を脅迫するために私的な資料を使うことは受け入れられません。自分の家族や友人とプライベートなコミュニケーションをする権利のために、絶対にお金を払うようなことはしません」と語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング