内田周作の記事一覧

2月11日「信教の自由を守る日」 全国各地で集会開催 講演会や祈祷会など

「建国記念の日」である2月11日を「信教の自由を守る日」とする日本のキリスト教界では、今年も信教の自由をテーマにした集会が全国各地で開催される。憲法学者による講演会なども多数行われ、信仰者として憲法や政治について学び、考え、祈りの時を持つ。

2018年02月03日20時51分

北原怜子

「アリの街のマリア」北原怜子さん、没後60年 台東区で写真資料展

戦後間もなく、廃品回収で生計を立てる人たちが集まり暮らした「アリの街」(現在の隅田公園〔東京都台東区〕付近)で、献身的な働きをしたカトリック信者の北原怜子(さとこ)さん(1929〜58)が、23日で没後満60年を迎える。

2018年01月21日23時40分

「主の力あるわざを、広く伝えるために招かれて」2016年キリスト教一致祈祷週間 東京集会

カト・プロ合同で「キリスト教一致祈祷週間」 日本でも各地で18日から

カトリックとプロテスタントの諸教会が毎年合同で開催している「キリスト教一致祈祷週間」が18日から始まる。毎年、担当の国・地域が持ち回りで準備をしており、今年はカリブ諸国が「主よ、あなたの右の手は力によって輝く」をテーマに選んだ。

2018年01月16日15時07分

現存する最古の和訳聖書の翻訳に尽力 音吉の銅像を故郷・美浜町に建立へ

現存する最古の和訳聖書の翻訳に尽力 音吉の銅像を故郷・美浜町に建立へ

現存する最古の日本語訳聖書の翻訳に尽力した音吉の生誕200年などを記念して、出身地である愛知県美浜町で、音吉の銅像を建立しようと準備が進められている。音吉の顕彰事業を50年以上行っている日本聖書協会も、15日から献金の呼び掛けを始めた。

2018年01月15日14時48分

日本でユダヤ人に福音を  エターナル・ラブ・イスラエルの宮本純子さんが活動再開

日本でユダヤ人に福音を  エターナル・ラブ・イスラエルの宮本純子さんが活動再開

宮本純子さん(シャローム教会牧師)は、ユダヤ人伝道の働き「エターナル・ラブ・イスラエル」を1993年から始め、イスラエル宣教師だった期間も含めて14年間、ユダヤ人に福音を伝えてきた。

2018年01月07日7時30分

吉枝隆邦

hi-b.a. 元代表の吉枝隆邦氏召天、高校生伝道一筋に50年以上

高校生聖書伝道協会(hi-b.a.=ハイビーエー)元代表の吉枝隆邦(よしえだ・たかくに)氏が27日午前1時31分、召天した。78歳だった。前夜式は27日午後7時から、告別礼拝は28日午後3時から、いずれも救世軍清瀬小隊で。

2017年12月27日14時00分

トランプ米大統領のエルサレム首都認定に反対を 日本YWCAが日本政府に要望

ドナルド・トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認定したことについて、日本YWCAは12日、イスラエルによるパレスチナに対する違法な占領を正当化するものだとし、日本政府に対し、首都認定に反対するよう求める要望書を発表した。

2017年12月15日15時23分

日本バプテスト連盟、普天間の教会付属保育園に米軍部品落下で抗議声明

日本バプテスト連盟、普天間の教会付属保育園に米軍部品落下で抗議声明

普天間バプテスト教会(沖縄県宜野湾市)付属の緑ヶ丘保育園の屋根に、米軍機で使われている部品が落下した問題で、日本バプテスト連盟(さいたま市)理事会は12日、日本政府や米軍に対する抗議声明を発表した。

2017年12月14日11時58分

人気聖書アプリ「ユーバージョン」 2017年に最も読まれた聖句を発表

聖書アプリ「ユーバージョン」 2017年に最も人気のあった聖句を発表

世界で最も人気の高い聖書アプリの1つである「YouVersion(ユーバージョン)」が、2017年に最も人気のあった聖句を発表した。この「今年の聖句」は国別でもまとめられており、46カ国が公表されている。

2017年12月12日23時38分

アウシュビッツで身代わりの死 コルベ神父の生涯描いた映画「二つの冠」 9日から上映

アウシュビッツで身代わりの死 コルベ神父の生涯描いた映画「二つの冠」 9日から上映

第2次世界大戦時にナチスのアウシュビッツ強制収容所で身代わりの死を遂げたマキシミリアノ・マリア・コルベ神父の生涯を描いた映画「二つの冠」(原題:Dwie Korony)が、9日から東京都写真美術館ホール(目黒区三田)で上映される。

2017年12月06日18時40分

結婚まで純潔を守ると礼拝で誓う ICF教会でピュリティ・リング贈呈セレモニー

結婚まで純潔を守ると礼拝で誓う ICF教会でピュリティ・リング贈呈セレモニー

結婚までの純潔を誓うしるしである指輪「ピュリティ・リング」を受けるセレモニーが11月26日、札幌市のインターナショナル・クリスチャン・フェローシップ(ICF)教会(ジェリー・ジャンセン牧師)の礼拝の中で行われた。

2017年12月04日13時09分

東アジア初、日本でユダヤ人伝道の国際会議  12の国・地域から参加

東アジア初、日本でユダヤ人伝道の国際会議 12の国・地域から参加

ユダヤ人伝道をテーマにした東アジア初の国際会議「2017年 東アジア・ユダヤ人伝道カンファレンス」が13日から15日まで、近畿福音和歌山ルーテル教会で開催され、一般向けの公開フォーラムが18日、お茶の水クリスチャン・センターで開催された。

2017年11月21日11時28分

バチカンで核兵器廃絶と軍縮テーマに国際シンポ、日本の被爆者も演説

バチカンで核兵器廃絶と軍縮テーマに国際シンポ、日本の被爆者も演説

バチカンで10、11の両日、核兵器廃絶と軍縮をテーマにした国際シンポジウムが開催された。7月に核兵器禁止条約が採択されたことを受けて開催されたもの。教皇が演説したほか、日本からも被爆者の代表が参加し、核兵器の非人道性などを訴えた。

2017年11月16日23時28分

「紙の教会」設計の坂茂氏にマザー・テレサ賞 日本人初

「紙の教会」設計の坂茂氏にマザー・テレサ賞 日本人初

大地震で被災した教会に代えて「紙の教会」や「紙のカテドラル」などを設計したことで知られる建築家の坂(ばん)茂氏(60)に、「マザー・テレサ賞」が贈られることが決まった。日本人の受賞は初めてで、建築家が受賞するのも今回が初めてだという。

2017年11月13日16時11分

聖書事業功労者に池長潤・大阪名誉大司教

聖書事業功労者に池長潤・大阪名誉大司教 神戸バイブル・ハウス理事長など歴任

カトリック教会の池長潤・大阪名誉大司教(80)が、今年の「聖書事業功労者」に選ばれた。神戸バイブル・ハウスの理事長を14年にわたって務め、関西地域で超教派の活動に貢献してきたことが評価された。

2017年11月09日13時33分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング