トランプ米大統領のエルサレム首都認定に反対を 日本YWCAが日本政府に要望

2017年12月15日15時23分 記者 : 内田周作 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

ドナルド・トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認定したことについて、日本YWCA(藤谷佐斗子会長、尾﨑裕美子総幹事)は12日、イスラエルによるパレスチナに対する違法な占領を正当化するものだとし、日本政府に対し、首都認定に反対するよう求める要望書を発表した。

日本YWCAは、第3次中東戦争(1967年)でイスラエルが東エルサレムなどを軍事占領し、エルサレムを首都と主張していることは、国連からも再三批判を受けていることで、「明確な侵略行為」だと指摘。トランプ氏の首都認定は、中東地域にさらなる不安定をもたらし、パレスチナの人々を危険にさらすと訴えている。

その上で、国連加盟国として、また国連の安全保障理事会と人権理事会の理事国として、日本は国際法と国連決議の順守を訴える責任があると主張。各国政府がトランプ氏の首都認定に批判や懸念を表明する一方で、日本政府は沈黙しているとし、「『地域及び国際社会の平和と安定に寄与』することを表明している国として、この責任を果たすことを強く求めます」としている。

イスラエルをめぐっては、国連安全保障理事会が昨年12月、パレスチナ内の入植活動を非難する決議を採択している。米国はイスラエルを非難する決議は拒否権を行使するのが通常だが、当時のオバマ政権は拒否権を行使せず棄権。これにより、決議が採択された。既に次期大統領として確定していたトランプ氏は当時、「拒否権を発動すべきだ」と述べ、決議に反対する姿勢を示していた。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング