ローマ教皇とエルサレム総主教、聖地の「ステイタス・クオ」を呼び掛け

2017年11月2日14時24分 印刷
+ローマ教皇とエルサレム総主教、聖地の「ステイタス・クオ」を呼び掛け
(写真:世界教会協議会=WCC)

ローマ教皇フランシスコとエルサレム総主教セオフィロス3世は10月23日、バチカン(ローマ教皇庁)で会談し、聖地エルサレムの「ステイタス・クオ(現状維持)」を求め、宗教間の暴力と差別の終結を呼び掛けた。

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地が重なり合うイスラエルでは、ステイタス・クオの原則が、各宗教やイスラエル当局によって認識され、何世紀にもわたって慣習や規則として守られてきた。

10月22日から25日までローマを訪問したセオフィロス3世は、教皇庁側と多くの対話を行った。その中でセオフィロス3世は、エルサレム旧市街やステイタス・クオに影響する問題と行動に対し、教皇が注意と関心を持って見守るという公式の約束を得た。

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は、WCCがパレスチナとイスラエルにおける「公正に基づいた平和(Just Peace)」のために働きを進めるとき、WCCはエルサレムの諸教会を強く支持し、またさまざまな信仰、文化が共存するエルサレムと聖地の特質を守ることを繰り返し語った。

「私たちはステイタス・クオを、聖地のキリスト教社会の権利保護の柱であると見ています。そしてすべての関係当事者はそれを守り、(ステイタス・クオに対する)最近のあらゆる侵害を無効にするために真剣に働かねばなりません」

※ この記事は世界教会協議会(WCC)のプレスリリースを日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース