現存する最古の和訳聖書の翻訳に尽力 音吉の銅像を故郷・美浜町に建立へ

2018年1月15日14時48分 記者 : 内田周作 印刷
+現存する最古の和訳聖書の翻訳に尽力 音吉の銅像を故郷・美浜町に建立へ
愛知県美浜町にある聖書和訳頌徳記念碑。現存する最古の和訳聖書の翻訳に尽力した音吉ら3人を記念して、1961年に建てられた。翌62年から美浜町と日本聖書協会が交代で毎年式典を主催している。(写真:同協会提供)

現存する最古の日本語訳聖書の翻訳に尽力した音吉の生誕200年などを記念して、出身地である愛知県美浜町で、音吉の銅像を建立しようと準備が進められている。美浜町と協力して音吉の顕彰事業を50年以上行っている日本聖書協会も、15日から献金の呼び掛けを始めた。

愛知県知多半島小野浦(現・美浜町)出身の船乗りだった音吉は、江戸時代末期の1832(天保3)年、他の船乗りと共に鳥羽(三重県)を出航し、江戸に向かった。しかし途中、遠州灘で遭難し、太平洋を1年2カ月もの間漂流する。北米西岸のフリッター岬に漂着したときには、音吉を含む3人だけしか生き残っていなかった。

3人は先住民や英国人に助けられ、日本に戻るため、ロンドン、南アフリカの喜望峰を経て、35年に中国・マカオに到着する。そこでドイツ人宣教師のカール・ギュツラフと出会い、現存する最古の日本語訳聖書である「約翰福音之傳」(ヨハネ伝)と「約翰上中下書」(ヨハネ書簡)(共に37年出版)の翻訳を助けた。

日本への帰国を切望していた3人だが、幕府の厳しい鎖国政策のために、結局帰国はかなわなかった。ギュツラフ自身も訪日できず、この聖書は開国後の59年、米長老派の宣教師ジェームス・カーティス・ヘボンの手で初めて日本に持ち込まれた。

3人の中で最年少だった音吉は、後に洗礼を受け、マカオを拠点として船乗りや商人、通訳者として活躍した。日英和親条約(54年)の締結時には、英国側の通訳者を務めたほか、中国で日本人漂流民の救済に当たるなどした。

現存する最古の和訳聖書の翻訳に尽力 音吉の銅像を故郷・美浜町に建立へ
「音吉像」のイメージ図(画像:同協会提供)

2017年が音吉生誕200年、没後150年、また音吉らによる日本語訳聖書出版180年の節目の年であったことから、音吉像建立実行委員会(齋藤宏一会長)が同年立ち上がった。音吉の功績を顕彰するとともに、これから世界に向かってはばたく若者のモデルにしてほしいと、今年8月の完成を目標にしている。製作者は、美浜町に隣接する常滑(とこなめ)市出身で日展会員の桒山賀行(くわやま・がこう)氏。2007年に日展最高賞の内閣総理大臣賞を受賞するなどしている。

建立予算は1千万円で、日本聖書協会はこのうちの300万円を目標に献金を募っている。寄付者は金額に応じて、名前が同実行委発行の記念誌(1万円以上)や銘板(10万円以上)に記載される。献金は、郵便振替、銀行振込、クレジット支払いのいずれかで可能。受付期間は4月末まで。詳しくは、同協会募金担当(03・3567・1980)または専用ページまで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

放蕩息子の物語をモチーフにした衝撃作「ベン・イズ・バック」

ヒーローとは何か? 福音的キリスト像の本質描き出す長編シリーズ完結編!「アベンジャーズ / エンドゲーム」【ネタバレなし】

「旅のおわり世界のはじまり」 リアル「イッテQ!」の裏側で繰り広げられる人間賛歌と神の粋な取り計らい

東京でダマー国際映画祭 ガーナ、米国の2作が最優秀作品賞 隠れキリシタンの映画も上映

キリスト教映画「ブレイクスルー」、約2週間で全米興収3千万ドル突破 「パウロ」超す人気

4つの国際映画祭で受賞「僕はイエス様が嫌い」 23歳の新鋭、奥山大史監督インタビュー

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング