バチカン・中国、司教任命めぐる暫定合意を2年延長 「有益」と判断

2020年10月23日13時33分 印刷
+中国・バチカン
(写真:Gwendolyn Stansbury / Leandro Neumann Ciuffo)

バチカン(ローマ教皇庁)と中国は22日、この日終了期限を迎えた司教任命をめぐる暫定合意について、2年延長すると発表した。バチカン広報局は、2年前に締結したこの合意について「有益」だったとし、延長は「開かれた建設的な対話の継続を意図するもの」としている。

公営のバチカン・ニュース(日本語版)は同日、合意延長に関するバチカン広報局の声明を掲載。声明は「教皇庁は、教会的・司牧的に本質的価値を持つ同合意のスタートが、双方の良いコミュニケーションと協力のおかげをもって、取り決め事項において有益であったと判断し、カトリック教会の活動と中国国民の善のために、開かれた建設的な対話の継続を意図するものである」と延長の理由を説明している。

バチカン・ニュースはこの他、合意延長に関して詳細を報じたバチカン紙「オッセルバトーレ・ロマーノ」の報道も紹介。それによると、合意延長は双方がさまざまな側面を検証した上で「口頭の通達の公式交換」によって決められた。また合意の主な目的は、中国において「教会の完全で目に見える一致」を築き、「福音の告知を支え促す」ことにあるとし、司教任命と司教・教皇間の一致の問題は「地方または普遍の教会の活動にとって、本質的な重要性を持つものである」と伝えたという。

バチカン・中国間の暫定合意は、2年前の2018年9月22日に締結され、その1カ月に発効した。内容は非公表だが、中国側が司教の候補を選出し、教皇が任命する内容と考えられている。

バチカンと中国は1951年から断交しており、中国には政府公認のカトリック教会である「中国天主教愛国会」と、教皇が任命した司教による政府非公認の「地下教会」が存在する。

合意後の18年12月には、中国が単独で任命していた7人の政府系司教を教皇フランシスコが追認することで、「地下教会」の一部の教区が「中国天主教愛国会」の教区に一本化されるなどした。また昨年8月には、合意後初となる司教2人が任命されている。

合意の延長については、中国も同日発表した。NHKによると、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は記者会見で、「双方は引き続き密接な意思疎通と協議を続け、関係改善を図っていく」と述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース