中国天主教愛国会(CPCA)

中国・バチカン

バチカン・中国、司教任命めぐる暫定合意を2年延長 「有益」と判断

バチカンと中国は22日、この日終了期限を迎えた司教任命をめぐる暫定合意について、2年延長すると発表した。バチカン広報局は、2年前に締結したこの合意について「有益」だったとし、延長は「開かれた建設的な対話の継続を意図するもの」としている。

2020年10月23日13時33分

中国

中国の政府公認カトリック教会、信者に国歌斉唱や国旗掲揚を命令

1日に建国70周年を迎えた中国。天安門広場では「中国史上最大」とされる軍事パレードが行われるなど、大規模な記念式典が開催された。一方、政府公認のカトリック教会内では、記念日前に信者らに対し、国歌斉唱や国旗掲揚を行うよう命令が出されていた。

2019年10月03日22時37分

中国

中国政府公認のカトリック司教組織幹部「バチカンと間もなく合意文書」

中国政府公認のカトリック司教組織「中国天主教司教団」の方建平副主席が5日、1951年に断交した中国とバチカンの関係改善の動きについて「一定の共通認識に至っており、間もなく合意文書に署名できるはずだ」と前向きな見方を示した。

2018年03月13日11時31分

6年ぶりに「中国天主教代表会議」開催 政府系カトリック聖職者ら350人以上が参加

中国における政府系カトリック教会の最高機関「中国天主教代表会議」が、昨年12月27日から29日まで北京で行われた。6年ぶり9期目の開催となった。政府系カトリック組織「中国天主教愛国会」の聖職者365人などが出席した。

2017年01月03日22時05分

上海の馬司教、愛国会離脱を公開自己批判 非公認教会への影響注目

中国天主教会(カトリック)上海教区のタデウス馬達欽(マー・ターチン)補佐司教は、2012年の司教叙階に際して政府公認の天主教愛国会の役職を辞任したが、その決定を公開自己批判した、とカトリック通信UCANが14日、報じた。

2016年06月21日16時50分

十字架撤去策にキリスト者の反発強まる 中国

中国東部・浙江省で教会堂の十字架撤去が進められていることに、キリスト者からの反発が強まっている。

2015年08月18日12時56分

中国、バチカン任命の司教を10年経て承認

香港などのカトリック系メディアは、中国のマルチン・ウー・キンジン司祭(47)が10日、司教に叙階されたと報じている。同司祭は2005年にバチカンの承認を受けて司教に叙階されたが、中国政府が難色を示したため「秘密叙階」となっていた。

2015年07月21日19時39分

中国の教会破壊運動が終結か 中国のカトリック司教

中国の教会破壊運動が終結か 中国のカトリック司教

中国政府公認のカトリック教会の司教によると、政府は浙江(せっこう)省で何百もの教会を破壊している運動をやめるよう呼び掛けているという。2013年終盤に始まった一連の教会破壊運動により、破壊された教会は400以上に上ると伝えている。

2015年03月25日14時11分

中国公認教会、「司教任命」でバチカンに協議提案か

中国カトリック教会を実質的に管理している「中国天主教愛国会」がバチカン(ローマ教皇庁)に「司教任命」についての協議を提案した、と香港紙「文匯報」が20日報じた。愛国会側はバチカンからの応答が2015年初めまでには得られるものと期待している。

2014年11月24日16時48分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース