世界宣教祈祷課題(8月28日):バングラデシュ

2020年8月28日10時30分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(8月28日):バングラデシュ
「アンファン」の被害を受けたインドのコルカタ=5月21日(写真:Santanupyne)

6月の祈祷課題で、観測史上最大の台風「アンファン」がバングラデシュとインド国境の人口密集地帯に上陸したニュースをお知らせしたが、COVID−19の都市封鎖(ロックダウン)が、雨季による台風と洪水からの予期せぬ護りと祝福となったとの知らせが届いた。

米キリスト教人道支援団体のコンパッション・インターナショナル(CI)は、COVID−19が拡大し始めた春先の早い時期に、バングラデシュ全土の教会とその信者らと協力し、貧困層の家族の日常のニーズを満たし、迅速に行動していた。

そのため、6月以降の「アンファン」含む台風や雨季の豪雨による洪水に対して、CIと地元教会の援助活動が万全の備えとして機能し、避難生活の日常品や食糧不足による二次被害を免れたのだ。

これまでにインド、ネパール、バングラデシュでは400万人の避難民を数え、洪水や土砂崩れなどで既に200人の尊い人命が失われている。にもかかわらず、CIらの迅速な活動によって彼らの支援する家族は守られており、大きな二次被害を免れたことには慰めがあることを覚えたい。

COVID−19によって失業率が増加しており、ただでさえ貧しい家庭の経済は圧迫されている。また水害は熱帯性感染症の温床となり、免疫力の弱い子どもたちのリスクが大きい。

洪水の被害から、特に子どもたちが守られ、CIなどの主の愛を、身をもって運ぶ活動が豊かな救霊の実を結ぶよう祈っていただきたい。

■ バングラデシュの宗教人口
イスラム 89・0%
プロテスタント 0・5%
カトリック 0・2%
ヒンズー 9・1%
仏教 0・6%
土着の宗教 0・5%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース