世界宣教祈祷課題(7月25日):インド

2020年7月25日11時42分 執筆者 : 奥山実 印刷
関連タグ:インド
+世界宣教祈祷課題(7月25日):インド
インドのデリーにあるアークシャルダーム寺院(写真:Juthani1)

米国務省は6月10日、信教の自由に関する最新の報告書を出し、中国やナイジェリアなど、信教の自由阻害の特定懸念国(CPC)9カ国を発表した。これ以外にも、米国際信教自由委員会によってCPCに加えるよう勧告された5カ国があり、これらは事実上の準CPCとなる。

今回特筆すべきは、この準CPC相当の5カ国に、米国の同盟国インドが名指され、2004年以来初めて言及されたことだ。米国の国益を考えれば、通常このようなリストに同盟国を名指しすることは避けたいところだ。米国は国益よりも正義を選んだと見ることができる。これはインド政府にとってもポジティブな圧力になるはずだ。

インドにおける信教の自由は、ヒンズー民族主義与党が2014年に政権を担って以来、急激に悪化している。先日も、インド東部の地方で、16歳のクリスチャン少年がヒンズー過激派によって酷い方法で惨殺され、当地の信者らは心を痛めた。

地に落ちた一粒の麦が、インドに豊かな実をもたらすよう祈っていただきたい。

■ インドの宗教人口
ヒンズー 74・3%
プロテスタント 3・6%
カトリック 1・6%
イスラム 14・3%
英国教会 0・2%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。
関連タグ:インド

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース