中国、2月から「宗教団体管理規則」施行 宗教活動全般で政府の「承認」求める

2020年1月6日10時18分 印刷
+中国
(写真:Gary Lerude)

【CJC】カトリック系「アジア・ニュース」が、北京発として報じるところでは、2020年2月1日から、中国では新しく「宗教団体管理規則」が施行される。

共産党政権が2018年2月に打ち出した「宗教の中国化推進5カ年構想」の総仕上げとみられる。背景には宗教が反体制活動につながることを警戒する習近平国家主席の意向がうかがわれる。

新規則では、宗教団体が行う活動、集会などは、宗教事務局の承認が必要となる。宗教団体は、「中国共産党指導者を支援するため」宗教団体スタッフと宗教を信じる市民を教育することを通じ、「中国共産党の原則と政策を広める」必要があるとされた。

宗教団体管理規則は、全国レベルおよび地方レベルの団体の活動、事務組織、活動計画など、6章41条で構成されている。これにより、宗教団体の結成、集会から年次計画や日常活動まで、政府宗教関係部門の承認が必要となる。

さらに宗教団体の運営関係者は、全信徒が中国共産党への完全服従を支援、促進することが求められている。

アジア・ニュースは、「実際には、宗教信仰が問題なのではない。仏教であれ道教であれ、イスラム教やキリスト教であれ、中国共産党を信じる宗教でなければ認められない」という声も聞こえる、とも伝えている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース