中国当局、3千人収容のメガチャーチを破壊 牧師らを拘束

2019年10月30日06時39分 印刷
+中国当局、3千人収容のメガチャーチを破壊 牧師らを拘束
ショベルカーで取り壊される安徽(あんき)省阜南県の教会(写真:チャイナエイド)

中国当局は19日、3千人収容可能なメガチャーチを破壊し、同教会の牧師らを拘束した。中国の迫害状況を監視する米キリスト教団体「チャイナエイド」が同日、発表した。

チャイナエイド(英語)によると、中国当局は解体を正当化する法的書類を教会側に一切提示しなかったという。破壊されたのは、同国東部の安徽(あんき)省阜南県の教会。同教会のゲン・イミン牧師とサン・ヨンギャオ牧師は、「群衆を集めて社会秩序を乱した」疑いで拘束された。

チャイナエイドの創設者であるボブ・フー氏は声明で、この事件は「中国政府による宗教迫害がエスカレートしていることを示す明確な事例の一つ」だと指摘。「中国共産党自らが定めた憲法に記される信教の自由の保護を完全に無視することは、習近平国家主席が、平和なキリスト教信者に対して戦争を続ける決意でいることを全世界に示しています。この動きは最終的には必ず失敗するでしょう」と続けた。

中国当局は長年にわたって、国内の宗教団体を迫害してきたが、習近平政権下になって、さらに取り締まりが強まっている。特にキリスト教に対しては、キリスト教徒の増加に対する危機感の表れか、当局はこれまでも複数の教会を破壊している。

中国の迫害情報を扱うニュースサイト「ビター・ウィンター」(英語)よると、安徽省の北西に隣接する河南省では今夏、真耶蘇教会が木っ端みじんに破壊された。警官らは建物を取り壊す前に、信者らを全員教会から引きずり出したという。

ビター・ウィンターによると、同省西部の洛陽市では、政府公認の三自愛国教会のほぼすべての教会と集会所から十戒が撤去され、習氏の言葉に差し替えられた。これは、中国当局によるキリスト教の「中国化」の一環だとされている(関連記事:「十戒」を習近平国家主席の言葉に差し替え 進む「宗教の中国化」)。

中国当局は、キリスト教徒に対する取り締まりだけでなく、ウイグル人イスラム教徒や法輪功への暴力的な迫害も行っている。

中国政府による「臓器狩り」を調査した「中国民衆法廷」は9月、国連人権理事会(UNHRC)に対し、中国政府が宗教的少数派から臓器を強制的に摘出しているとし、犠牲者が数十万人に上る可能性があると報告した。同法廷のハミド・サビ法律顧問は報告で次のように述べている。

「法輪功とウイグル人の宗教的少数派を含む良心の囚人からの強制臓器摘出は、中国全体でかなりの規模で長年にわたり行われており、今日も続いています。犠牲者は数十万人に上ります」

「犠牲に次ぐ犠牲、死に次ぐ死。生きていて、潔白で、無害で、平和な人たちから心臓や他の臓器を取り出すことは、今世紀最大の虐殺の一つです」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース