なにゆえキリストの道なのか(199)キリスト教のいう愛とはどういう愛か? 正木弥

2019年6月15日20時12分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

キリスト教のいう愛とはどういう愛か。

愛にはおよそ4種類あるといわれています。A)アガペーの愛、B)エロスの愛、C)ストルゲーの愛(肉親の関係による愛、自我の延長でもある)、D)フィレオーの愛(尊敬・共鳴による愛)です。このうち、AとBが典型ですから対照させて記述してみましょう。

A)アガペーの愛 B)エロスの愛
・相手の何かに惹かれるからでなく、愛すべきだから愛すという意志の愛 ・相手の容貌か何かに惹かれるもの、好きだという感情の愛
・愛そうとする自発的な愛 ・惹かれるという意味で、受身の愛
・相手が変化しても、状況が変化してもその愛は変わらない。 ・相手の態度が変われば愛から憎しみに変わるかもしれない。相手の何か(例えば容貌)が変われば他の人に移っていくかもしれない。
・一方的愛。相手がどうであれ、仮に相手が愛してくれなくても、相手が悪をなしても、愛し続ける愛。 ・相互的愛。相手も愛してくれるから愛する愛。仮に相手が自分を見限ったり、悪をなすなら破綻する愛。
・その愛によって苦しむことがある愛 ・その愛によって陶酔・喜びを得ようとする愛
・相手に何かを与えようとする愛 ・相手から何かを得ようとする愛、奪おうとする愛
・何の益もない、報われることのない愛、無償の愛 ・相応の何かを期待する愛(利己的愛)
・イエス・キリストの十字架の死において典型的に示された愛、聖書が勧めている愛 ・この世の人が普通にいう愛、生まれつきの人が持つ愛

キリスト教がいうアガペーの愛を一言で定義するなら、相手が究極の幸福(天の御国での永遠のいのち)を得られるよう、考え、計ってあげることです。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース