なにゆえキリストの道なのか(198)褒められたい、称賛されたい、ということは悪いことなのか? 正木弥

2019年6月8日21時42分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

褒められたい、称賛されたい、ということは悪いことなのか。

人は生まれて以来一貫して“よく見られたい”という願望の中で生きています。「お利口だね」から始まって、「よくできる子だ」「素晴らしい才能だ」「よく切れる人だ」「立派な人だ」「素晴らしい人だ」「美しい人だ」などなど。

人はみな、このように言われたい、褒められたいといつも心の底で思っています。それが励みになって努力する。また良い心掛けで生きる。それならいいのですが・・・往々にしてそれは度を越しやすく、発展して自己欺瞞(ぎまん)に陥ったり、虚栄を追い求めることになりがちです。

その空しさについて兼好法師は「つらつら思えば、誉れを愛するは、人の聞きを喜ぶなり。褒むる人、譏(そし)る人ともに世にとどまらず。伝え聞かむ人またまたすみやかに去るべし。誰をか恥じ、誰にか知られむことを願わむ」と(徒然草第38段)。

人が褒めるところに自分の外観を合わせようとして、自分を偽る。自分もまた自分にだまされて自分が立派だとか、正しい人間だと思いやすい。「だれでも、りっぱでもない自分を何かりっぱでもあるかのように思うなら、自分を欺いているのです」(ガラテヤ6:3)

多くの人が、他人の想念の中で架空に生きようとし、そのために見栄を張ろうとするようです。「われわれは絶えず架空の存在を飾り、それを維持しようと努め、自己の真の存在をなおざりにする」(パンセ147)。「我々は周囲の二、三人からくさされれば際限なく惨めな気持ちに陥ったり、恨んだりするが、逆に、周囲の五、六人から褒められれば、有頂天になって、満足する。それほどまでにわれわれは空虚である」(同148)。「この世の迷妄のうちで最も広範なものは、評判や名声に対する願望である。我々はそれを得るためには、富も平安も生命・健康といった(実体的な)ものまでも棄てさって、この実態もとらえどころもない幻影・音響を追い求める」(モンテーニュ随想録1巻41)

以上のように、褒められたい、称賛されたいという願望、およそ他人がもたらす毀誉褒貶にとらわれることは、虚栄であり、他人の想念に流される浮き草です。真実の自己を隠すベールです。これを追わない、これに惑わされないのが賢明のようです。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース