なにゆえキリストの道なのか(200)神を愛するとはどういうことなのか? 正木弥

2019年6月22日21時09分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

神を愛するとはどういうことなのか。

ひとりの律法の専門家がイエスをためそうとして尋ねました。「先生、(たくさんある)律法の中で大切な戒めはどれですか?」。するとイエスは「『こころを尽くし、思いを尽くし、知力を尽くしてあなたの神である主を愛せよ』これが大切な第一の戒めです」とお答えになりました。では、この “神を愛せよ” とはどうすることでしょうか。

まず、神を愛するとは、神を信じることから始まります。神がおられること、神が世界と人間をつくり、また信じる人を救おうとしておられることを信じることです。神を信じないとか、神を無視するなら、それはいわば神に敵対していることになり、少なくとも神への愛はありません。また、神でないものやこの世のものを愛したり、自我の追求や欲望の達成を第一にしているときは、やはり神への愛はあまりありません。

神への愛は、その第一歩として神を尊び、敬い、仰ぐことから始まります。これが口だけでなく実質化しますと、神を信頼し、神の教え・戒めを守ろうとします。それが進むと、神の言葉や御業を大切に思い、喜びます。また、神が自分に働いたことを感謝するようにもなります。

さらに進むと、神が自分に何を求めているかを探り、神のために良い証しをしようとし、神の栄光〔素晴らしさ〕が上がるような生き方や言動をしようとします。神の福音のために、わずかでも働こうとします。そして、神のために苦しむことも受け入れ、時に、積極的に苦労を選んでいきます。隣り人をも愛そうとします。

これらの何もできなくても、神のために何かを棄てる。神のために犠牲を払う。神のために、自我が傷ついても、損をしてもガマンし、神のために欲望や野心を捨てる、いや、命までも棄てるに至る。それは究極の愛ともいえるでしょう。

上のどのようなことができるのか、求められるのか。それは、その人の成長の度合いや具体的なケースによって違うでしょうし、段々と進展するものでもありましょう。それがどのような愛であろうと、神はそれを喜んでくださいます。神の言葉・聖書は次のように約束しています。

わたしを愛する者をわたしは愛する。・・わたしを愛する者には財産を受け継がせ、彼らの財宝を満たす。(箴言8:17、21)

財産は、地上においての財産なのか、天国においてのそれなのかは断定できませんが・・・。

彼(ある人)がわたし(神)を愛しているから、わたしは彼を助け出そう。・・・彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。(詩篇91:14、15)

神を愛する者は、いずれ神から豊かに報われます。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース