それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国

2019年4月15日15時31分 執筆者 : 青木保憲 印刷
関連タグ:依存症アメリカ
+それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国
映画「ビューティフル・ボーイ」。4月12日(金)から、TOHOシネマズシャンテほかで全国公開。

某有名俳優が大麻の所持と使用で逮捕され、世間を騒然とさせた。主役級ではなくとも存在感のある役柄を掛け持ちしていたこの俳優は、もしも出演作品が「お蔵入り」となってしまえば、周りの関係者は多大な被害を受けることになっただろう。この傾向に歯止めをかけるべく、彼の出演最新作はシーンカットなしで公開され、議論を呼んだ。聞くところによると、被害総額が数億円となる見込みで、これを彼が一人で背負うことになる。どうも妻とも離婚し、文字通り「一人」になって再出発することになったようだ。

私も含め、多くの日本人にとってまだまだなじみのない「ドラッグ」。もちろん中学生や高校生がこれらを使用したとして時々事件となるが、米国のドラッグ事情に比べるとまだまだかわいいものだろう。映画のラストに字幕で示される現状は、思わず二度見して確かめてしまいたくなった。

「米国の50歳以下の死因、第1位は薬物過剰摂取である」

そう言われてみると、ハリウッドスターが薬物更生施設に入所したとか、突然死したとかいうニュースは、もはや毎年恒例のこととなっている。私が記憶を思いめぐらすだけでも、これだけのスターを挙げることができる。ホイットニー・ヒューストン、マイケル・ジャクソン、ヒース・レジャー(「ダークナイト」でバットマンの宿敵ジョーカーを熱演)、フィリップ・シーモア・ホフマン(2005年アカデミー賞主演男優賞受賞)、ロバート・ダウニー・ジュニア(存命。更生施設に入所し、復帰する。「アベンジャース」のアイアンマン役)・・・。

この現状に対して、一石投じる作品が日本でも公開された。「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞主演男優賞候補になったティモシー・シャラメ主演の最新作である。ドラッグ依存に陥った青年とその父親の手記を基に、ベルギー出身の映画監督フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンが英語圏で初めてメガホンを取った秀作である。

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

原作となる父と息子それぞれの手記は、全米でベストセラーとなり、大きな注目を集めた。父親のデヴィッド・シェフは音楽ライターで、ジョン・レノンの最後のインタビューを行った人物として、その世界では有名である。息子のニックは、薬物依存を断ち切る地獄のような10数年間を経て、現在はネットフリックスで人気の「13の理由」シリーズの脚本家として成功している。

父デヴィッドにとって、ニックは自慢の息子だった。彼の母親と離婚したときも文句一つ言わずに自分についてきてくれたし、義理の母として家にやって来た女性ともうまくやっている。また、その後生まれた異母きょうだいたちの面倒見もいい。さらに受験した大学は6つともストレート合格!

そんな自慢の息子を彼は「ビューティフル・ボーイ」と呼び、ハグするときは、“Everything”(「すべて(を愛している)」)と言葉を掛け合う間柄であった。ところが、である。

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

その息子が実は薬物依存で、ありとあらゆるドラッグに手を出していることが判明する。最初のうち彼は「自分にもっと厳しくなれ」と叱咤(しった)激励する。しかし更生施設に入ってもそこを抜けだしたり、よくなったかと思うとまた薬に手を出したりする様を見て、自分には息子を救うことはできないと観念するのである。

劇中、ニックは15回施設を入退所し、大学に進学して一人暮らしになるとまた薬に手を出す。そして知り合った女の子と性交しながらドラッグパーティーをするような生活をしていくのであった。

彼の更生のために、父親のみならず、別れた母親、そして義理の母までが奮闘する。その家族愛に私は観ていて涙が止まらなかった。しかし、その期待と愛をニックはことごとくあだで返すのである。その姿に私は「勝手にしろ」とつぶやきたくなってしまった。

映画は一見、「父子の愛の物語」を売りにしているようだが、中身はまったく異なる。ニックを誰も、どんな存在も救うことはできない。そして彼自身でさえも。ここで私たちキリスト者は「だから神だけが・・・」と大上段に究極的な解決を振りかざそうとするが、ニックとデヴィッドの物語はそんな単純ではない。

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

宗教的な施設でも、また医学的な更生機関でも、彼は立ち直れない。その根源的理由を垣間見せる印象的なシーンがあった。ニックが何度目かの入所となった更生施設で、1年以上も薬から遠ざかっているとき、自分の過去を振り返って皆の前でこう語った。

「僕は今までドラッグ中毒に何度も陥っていました」

すると指導員の男性がこう切り返した。

「ニック、それは君の問題の根本じゃない。それは問題からの逃げだろ。もっと自分を見つめ直すんだ」

つまりドラッグに手を染めることが問題ではなく、ドラッグへ「逃げざるを得ない」本人の問題は何なのか、それを見つめ直さないと、真の改善はあり得ないということだろう。それから彼は父親の前で「いい子を演じてきた」ことを思い出す。

そして、問題の根本に気付いた彼はこれで――。いやいや、彼はその後もまたドラッグに堕(お)ちていくのである。

本作は、決して動的な愛の物語、更生物語ではない。泥だらけになってはいずり回り、それでも答えを見いだせないまま、立ち尽くす親子の、家族の、苦悩と葛藤の赤裸々な記録である。お涙頂戴の「美しい映画」を期待してはいけない。だが、劇中何度も父のデヴィッドが「お前はビューティフル・ボーイだ」と語るその言葉の中に、彼をそのまま受け入れたいと願う親の根源的な愛を見た。それは誰かを劇的に変化させる魔法の薬(ドラッグ)ではない。ただそこに寄り添い、同じ空気を吸い、言葉をたくさん紡ぐのではなく、そこにいるだけでいいんだよ、と全身で醸し出す「父なる愛」の姿である。

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

考えてみると、私たちキリスト者は、救われる価値なき者としてこの世に生きていた。しかし、その私たちを「そのまま」受け入れてくれたのが天の父ではないのか。

観終わって、有名な放蕩息子の話を思い出した。

息子は言った。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。」 しかし、父親は僕たちに言った。「急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。」(ルカ15:21~24)

注目すべきは22節の「しかし」である。父親は息子の弁解を聞いていない。そうではなく、彼が帰ってきたことを喜び、そのまま受け入れている。

私たちもそうやって救われたのだとしたら、できる限り、そのような愛を示す者でありたい。

元号が変わり、新たなスタートを切る季節がやってきた。ちょっとそれには似つかわしくないが、真剣に「愛すること」について考える機会をこの映画で持ってみてはいかがだろうか。

■ 映画「ビューティフル・ボーイ」予告編

映画「ビューティフル・ボーイ」公式サイト

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

関連タグ:依存症アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース