依存症、根本的な解決は「自立」 ティーンチャレンジ・ジャパン木崎代表

2018年7月14日19時51分 印刷
+依存症、根本的な解決は「自立」 ティーンチャレンジ・ジャパン木崎代表
講演する木崎智之氏=7日、埼玉県・吉川市民交流センターおあしすで

アルコールやドラッグ、ギャンブルなどのさまざまな依存症で悩む家族を支援しようと、依存症について学ぶセミナーが7日、埼玉県の吉川市民交流センターおあしすで開かれた。聖書に基づいたプログラムで依存症者の回復を支援するティーンチャレンジ・ジャパンの木崎智之代表が講演し、市民ら約30人が参加した。木崎氏は、「依存は何かに寄りかかった状態。寄りかかっているものを取っても、また何かに依存する」と説明し、依存症の根本的な解決は「自立」と語った。

ティーンチャレンジは、1958年に米国から始まった団体で、現在では世界110カ国に1100以上の更生センターがあり、更生率86パーセントという驚異的な実績を持つ。日本では2005年から活動が始まり、現在は岡山と沖縄にある2カ所のセンターで独自の更生プログラムを実施している。これまで20代から30代を中心に、依存症に苦しむ多くの青少年たちの社会復帰に関わってきた。

講演で木崎氏は、依存症のメカニズムや依存症者の思考パターンなどを分かりやすく解説した。重度の依存からの回復についても「方法はあります」と語り、家族が対応する際の具体的な方法について、成功事例を挙げながら詳しく説明した。

依存症、根本的な解決は「自立」 ティーンチャレンジ・ジャパン木崎代表
木崎氏の講演に聞き入る参加者たち

依存症者に合わせて家族の生活習慣を変えてしまうなど、助けているつもりがかえって依存を助長してしまう「イネイブリング」や、依存症者との関係性に過剰に依存してしまう「共依存」の問題も取り上げ、注意を促した。「過保護、過干渉は自立を妨げてしまう。自分で考えて行動し、その結果を受け止めること。これを繰り返すことで人間は自立していく」と話した。

ティーンチャレンジの更生プログラムが目指すのは、本人がやりがいのある仕事を見つけ、幸せな家庭を築くことだ。「何かをやめさせることに重点を置くのではなく、どうやったらその人が本当に幸せになれるのか、『生きててよかった、この人生でよかった』と思える人生を見つけるお手伝いをしている」と語った。

ティーンチャレンジでは、電話やメールでの無料相談を随時受け付けているほか、依存症者を抱えた家族のための対応マニュアルを1冊千円(税・送料別)で配布している。詳しくはホームページを。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング