葦の会・オリブ山病院、「社会医療法人」に認定 離島診療で全国初

2019年4月2日14時23分 印刷
+葦の会・オリブ山病院、「社会医療法人」に認定 離島診療で全国初
オリブ山病院(写真:同病院提供)

オリブ山病院(那覇市)を運営する「葦(あし)の会」が1日から、地域医療に貢献する公益性の高い「社会医療法人」となった。これまでの「特定医療法人」からの昇格で、民間医療法人としては最高ランク。沖縄県内では5番目の認定で、全国で初めて離島診療という要件で認定された。

同病院は昨年創立60年を迎えたばかりで、田頭(たがみ)真一理事長は「すべて神様の恵みであり、これまでの60年間の歩みが実を結んだことと、心から御名を賛美します」と感謝の言葉を述べた。

医療法人は本来、非営利法人であるため、一般に行える事業は、病院の運営などの「本来業務」と、介護事業などの「附帯業務」に限られている。しかし、社会医療法人に認定されると、本来業務が税制上の優遇措置を受け非課税となるほか、病院の経営と地域への還元事業に充てることを目的とした「収益業務」も行うことが可能となる。その一方で、公益性を担う組織として、コンプライアンス(法令遵守)やガバナンス(組織統治)において高い要求に応えていく必要もある。厚生労働省によると、1月1日時点で社会医療法人として認定されている医療法人は全国で302法人。

オリブ山病院は10年近くにわたり、離島に住む患者のために毎月訪問診療を行っており、その公益性が大きく評価された。これは、困難にある離島の患者に手を差し伸べたいという、創設者の故田頭政佐(せいさ)氏の遺志を受け継いだ取り組みで、政佐氏の息子で、牧師でもある真一氏は次のように語った。

「この働きを認めていただいたことに感謝すると同時に、この役割を担い続け、さらなる貢献をしていきたいと願っています。社会医療法人としての葦の会のこれからの歩みにおきましても、神様の栄光が現され、地域医療における必要にますます応えていけることを願い、決意を新たにしています。皆様のお祈りとご理解とご協力をこれからもお願い致します」

オリブ山病院は1958年、政佐氏が「たがみ医院」として開設。76年に医療法人葦の会を設立し、92年に特定医療法人として認定された。「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである」(マタイ25:40)を基本理念の御言葉として掲げ、キリスト教精神に基づいた全人医療を行っている。葦の会としては、同病院のほかに、併設する介護老人保健施設「オリブ園」や、住宅地域にある「オリブ山在宅総合ケアセンター」などを運営しており、多岐にわたる医療・福祉サービスを提供している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング