羽生結弦選手と池江璃花子選手が聖書の同じ一節を引用?

2019年2月14日16時11分 印刷
+羽生結弦選手と池江璃花子選手が聖書の同じ一節を引用?
羽生結弦選手(写真:Andy Miah)と池江璃花子選手(写真:インスタグラムより)

フィギュアスケートの羽生結弦選手(24)が、12日に掲載されたインタビュー記事で、聖書の一節とみられる内容を引用し、「よく言われる『試練は乗り越えられる者にしか与えられない』という感覚は、自分の中にあります」などと語った。また、12日に白血病を公表した競泳女子日本代表の池江璃花子選手(18)も13日、ツイッターインスタグラムに投稿した文章で「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」とつづった。

羽生選手のインタビュー記事を掲載したのは、日用品メーカーのP&Gが運営する女性向けサイト「マイレピ」。マイレピでは羽生選手の連続インタビュー記事を掲載しており、「『逆境』を力に変える」と題した30回目の記事での発言。徳間書店が運営する女性向けサイト「アサジョ」もこれを受け、羽生選手が聖書の一節を引用したと伝えている。

一方、池江選手は白血病公表後、多くの人からメッセージをもらったと感謝を示し、「私にとって競泳人生は大切なものです。ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えていただきながら戦っていきたいと思います」と、治療に専念すると述べている。

羽生選手が引用した「試練は乗り越えられる者にしか与えられない」や、池江選手の「神様は乗り越えられない試練は与えない」は、新約聖書の言葉「神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(コリント一10章13節)に基づくものだとみられる。

この箇所は、TBSの人気ドラマ「JIN〜仁」でも「神は乗り越えられる試練しか与えない」と何度も登場したことがある。羽生選手が引用前に「よく言われる」と話しているように、聖書の言葉と知ってか知らずか、どこかで聞いたものを自分の言葉で表現したのかもしれない。

一方、ここで言われている「試練」という言葉は、日本語では「逆境」や「苦難」といったニュアンスで捉えられる場合が多いが、原語のギリシャ語「ペイラスモス」は「試み」や「誘惑」とも訳せる言葉だ。またこの箇所は、主に偶像礼拝に対する警告が書かれているところで、13節の後には「わたしの愛する人たち、こういうわけですから、偶像礼拝を避けなさい」(14節)と続く。

そのため、13節で触れられている「試練」は、一般的にイメージされる「逆境」や「苦難」よりも、偶像礼拝やみだらなこと、神を試みること、不平を言うこと(8〜10節)との戦いという、信仰上の「試練」と捉えた方がよいのかもしれない。

ちなみに、イエス・キリストが荒野で40日間断食し、悪魔から誘惑を受けたとされる新約聖書の別の箇所(マタイ4章1〜11節)で、「誘惑」と訳されている言葉も、ペイラスモスの語源となる言葉だ。また「主の祈り」の「われらを試みに会わせず」の「試み」もペイラスモスが使われている。

キリスト教人口が全人口の1パーセントといわれる日本だが、他にも聖書に由来する言葉で定着しているものが多くある。「目からうろこ」や「豚に真珠」「砂上の楼閣」「狭き門」などがその代表例だ。この他、キリスト教に関わる言葉が、元来の意味から離れて使われている例もある。ある分野や社会に入るために必須の経験をするとき「〜の洗礼を受ける」と表現したり、3本柱の改革政策を「三位一体の改革」と表現したりする使い方だ。

羽生選手や池江選手が、聖書の一節と意識して語ったかどうかは定かではないが、聖書の言葉は、日本人の思考や日常に想像以上に浸透しているのかもしれない。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング