ワールド・ビジョン、ケニアでパナソニックと協働プロジェクト

2019年2月1日13時46分 印刷
+ワールド・ビジョン、ケニアでパナソニックと協働プロジェクト
ケニア南西部ナロク県エンクトト地区で行われた寄贈式に出席した関係者らと地域の子どもたち=1月29日

世界の子どもたちを支援するキリスト教主義の国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、東京都中野区)は1月29日、パナソニックと協働し、ケニアで「無電化地域ソリューションプロジェクト」を開始した。同国南西部ナロク県エンクトト地区を対象に、パナソニックの太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電源システムや生活照明器具を寄贈し、電気を活用した事業支援や夜間識字教育などの学習支援を実施する。期間は2020年9月30日まで。

プロジェクトでは、電源システムを同地区にあるイルキマティ小学校とエンクトト診療所に1台ずつ設置したほか、地域の教会で実施する識字教室のためにLED照明付小型蓄電システム「ソーラーストレージ」7台、イルキマティ小学校に子どもが通う150世帯に生活照明器具「ソーラーランタン」150台、太陽光発電で水をくみ上げる「ソーラーポンプシステム」1台などを寄贈した。

同地区で同日行われた寄贈式には、ケニア政府や在ケニア日本大使館、国際協力機構(JICA)ケニア事務所などから約300人が出席。電源システムを設置したイルキマティ小学校の児童も参加し、踊りを披露した。児童代表があいさつし、「明かりが使えるようになり、もっと勉強することができます。診療所では、冷蔵庫で予防接種のワクチンを保管できるようになり、私たちの健康を守るより良いサービスを受けられるようになります」と喜びを語った。

ワールド・ビジョン、ケニアでパナソニックと協働プロジェクト
イルキマティ小学校に寄贈された電源システムの記念プレートを除幕するパナソニック・ブランドコミュニケーション本部の福田里香CSR・社会文化部部長(中央左)とWVJの木内真理子事務局長(中央右)

プロジェクトを担当するパナソニック・ブランドコミュニケーション本部の福田里香CSR・社会文化部部長は、「明かりや電気により、識字教室などの学習支援や農業・養鶏などの経済向上の支援、安心・安全な暮らし環境の実現に向けて、『くらしアップデート』をコミュニティーの皆様と共に実現していきたい」と述べた。

WVJの木内真理子事務局長は、「互いの強みを生かして実施する本事業を通して、これまでWVJが展開してきた活動を基盤に、より幅広い課題に取り組み、より大きなインパクトをもたらすことができると期待しています。地域の課題解決と発展に貢献し、イルキマティ村の子どもたちが夢を追い掛けられるよう、全力を尽くします」と意気込みを述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング