NGO・NPO

ナイトdeライトとサポートチャイルドの動画作成をクラウドファンディングで ハンガーゼロが呼び掛け

ナイトdeライトとサポートチャイルドの動画作成をクラウドファンディングで ハンガーゼロが呼び掛け

北海道を中心に活動する男性4人組の人気ロックバンド「ナイトdeライト」とサポートチャイルドの動画を作成するため、ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)が、インターネット上の「クラウドファンディング」で100万円の寄付を募っている。

2019年01月10日20時19分

書き損じハガキでネパールに学校を チャイルド・ファンド、地元の杉並区でキャンペーン

書き損じハガキでネパールに学校を チャイルド・ファンド、地元の杉並区でキャンペーン

キリスト教系の国際NGO「チャイルド・ファンド・ジャパン」は、事務所がある東京都杉並区の居住者から書き損じハガキや未使用切手を集め、ネパールの子どもたちを支援するキャンペーンを開始した。

2018年12月18日7時02分

ハンガーゼロ、インドネシア地震で募金開始 現地パートナーと協力し被災者支援へ

ハンガーゼロ、インドネシア地震の募金開始 現地パートナーと協力し被災者支援へ

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は3日、インドネシアのスラウェシ島を襲った地震と津波による被災者支援のために、現地のパートナー団体である「国際飢餓対策機構インドネシア」の緊急支援活動に協力することを決めた。

2018年10月05日20時13分

ハンガーゼロ、専用ウェブサイト公開

ハンガーゼロ、専用ウェブサイト公開

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構=JIFH)の専用ウェブサイトが3日、公開された。従来のサイトをリニューアルしたものではなく、世界の飢餓・貧困を撲滅するための活動をアピールする専用サイトとして活用していく。

2018年09月04日15時17分

 「喜びを贈る」アドベントカレンダー募金箱、2500人にプレゼント WVJが今年も実施

「喜びを贈る」アドベントカレンダー募金箱、2500人にプレゼント WVJが今年も実施

世界の子どもたちを支援するキリスト教主義の国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、東京都中野区)は、今年も親子で楽しく募金できる「アドベントカレンダー募金箱」のプレゼント(先着2500人)を実施する。

2018年08月25日20時41分

出所者に「キリストとの触れ合いの場」を マザーハウス、カフェ開設でクラウドファンディング

出所者に「キリストとの触れ合いの場」を マザーハウス、カフェ開設でクラウドファンディング

NPO法人「マザーハウス」は、出所者支援の一環として開設するカフェの改装費集めに、不特定多数の出資者を募るクラウドファンディングを活用する。五十嵐弘志理事長は「マリアカフェは人々の居場所であり、キリストとの触れ合いの場所」と話す。

2018年08月13日15時53分

日本国際飢餓対策機構、「ハンガーゼロ」に通称変更 ロゴデザインも一新

日本国際飢餓対策機構、「ハンガーゼロ」に通称変更 ロゴデザインも一新

日本国際飢餓対策機構(清家弘久理事長)は7月から、団体名の通称を「Hunger Zero(ハンガーゼロ)」に変更した。お茶の水クリスチャン・センターで6日、記者発表会を開き、新しいロゴデザインを披露するとともに、新団体名に込めたコンセプトを説明した。

2018年08月10日20時30分

再犯防止「本物の愛だったら変わる、人間なんですから」 マザーハウス・五十嵐弘志さん

再犯防止「本物の愛だったら変わる、人間なんですから」 マザーハウス・五十嵐弘志さん

前科3犯で20年近く服役した当事者として、出所者の社会復帰を助けるNPO法人「マザーハウス」を4年前に立ち上げた五十嵐弘志さん(54)。キリスト教の精神に基づいて出所者に寄り添う支援を実践し、これまでに約40人の社会復帰に関わってきた。

2018年06月29日7時01分

難民のために何ができる? ワールド・ビジョンなどが「世界難民の日」前に特別シンポ

難民のために何ができる? ワールド・ビジョンなどが「世界難民の日」前に特別シンポ

キリスト教国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ)と、アジア福祉教育財団難民事業本部(RHQ)は2日、グロービス経営大学院(東京都千代田区)で、難民をテーマにした特別シンポジウムを開催した。「世界難民の日」を前に企画された。

2018年06月08日23時50分

ワールド・ビジョン、アフリカ最大の難民キャンプで支援開始

ワールド・ビジョン、アフリカ最大の難民キャンプで支援開始

キリスト教主義のNGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、東京都中野区)は13日、内戦のため南スーダンから避難してきた人々が暮らすウガンダ北西部のビディビディ難民居住地で、子どもたちの教育支援を開始すると発表した。

2018年04月16日23時50分

宝探しの旅へようこそ! ウガンダサマーキャンプ参加者募集 JIFH

宝探しの旅へようこそ! ウガンダサマーキャンプ参加者募集 JIFH

日本国際飢餓対策機構(JIFH、大阪府八尾市)が、支援地のアフリカ・ウガンダで行うサマーキャンプの参加者を募集している。キャンプでは、自立に取り組む人々の事例視察や子どもの家庭訪問などを通じて、貧困の現実や課題を学ぶ。

2018年04月05日13時59分

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

東日本大震災から満7年となるのを前にした今月2日、宮城県石巻市の長浜幼稚園(後藤竜記園長)で恒例の餅つき大会が開催された。神戸国際支縁機構(岩村義雄理事長)が、震災翌年の2012年から継続して行っている「支縁活動」の1つだ。

2018年03月23日23時56分

シリア危機から7年 ワールド・ビジョン、教育通じた難民・移民の子どもたちへの暴力廃絶キャンペーン開始

シリア危機から7年 ワールド・ビジョン、教育通じた難民・移民の子どもたちへの暴力廃絶キャンペーン開始

国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」は、シリア危機から7年となった15日、教育を通じて難民・移民の子どもに対する暴力撤廃を目指すキャンペーンを、今年から4年間の計画で実施することを発表した。

2018年03月15日23時55分

「シリアを見捨てないで」 孤児院建設目指し、神戸国際支縁機構理事長が2回目の訪問

「シリアを見捨てないで」 孤児院建設目指し、神戸国際支縁機構理事長が2回目の訪問

神戸国際支縁機構(神戸市)の岩村義雄理事長(神戸国際キリスト教会牧師)らが2月4〜11日、隣国レバノンを訪問。シリアとの国境近くにある難民キャンプを訪れ、支援物資を配布したほか、孤児院建設に向け現地の状況を視察した。

2018年03月06日14時07分

カリタスジャパン、四旬節で「愛の献金」キャンペーン開始

カリタスジャパン、四旬節で「愛の献金」キャンペーン開始

カトリック系慈善団体のカリタスジャパンは、四旬節(レント)初日の「灰の水曜日」となった14日、毎年恒例の「四旬節 愛の献金」キャンペーンを開始した。日本カトリック司教協議会が教会の要請に応じる義務として制定した8つの献金の1つ。

2018年02月14日19時07分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング