「喜びを贈る」アドベントカレンダー募金箱、2500人にプレゼント WVJが今年も実施

2018年8月25日20時41分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ 「喜びを贈る」アドベントカレンダー募金箱、2500人にプレゼント WVJが今年も実施
アドベントカレンダー募金箱。12月1日から24日までの24日間分の小窓があり、アドベントの期間、小窓から硬貨を入れることで毎日少しずつ募金ができる。
- 広告 -

世界の子どもたちを支援するキリスト教主義の国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、東京都中野区)は、今年も親子で楽しく募金できる「アドベントカレンダー募金箱」のプレゼント(先着2500人)を実施する。3年目を迎える企画で、今年は塗り絵ができる募金箱も新登場。受け付けは9月中旬からで、塗り絵版募金箱の作り方を教える親子向けワークショップも開く。

「キリストの到来」を意味するアドベントは、キリストの誕生を祝うクリスマス前の約4週間の期間。日本語では待降節、降臨節などとも呼ばれる。アドベントカレンダーはこの期間、クリスマスまでを毎日数えるもので、多くの場合、毎日お菓子など何かの「喜びがもらえる」仕組みになっている。

一方、WVJが届ける「アドベントカレンダー募金箱」は、12月1日から24日までの24日間分の小窓があり、アドベントの期間、小窓から硬貨を入れることで毎日少しずつ募金ができる。募金を通じて世界の子どもたちに「喜びを贈る」仕組みになっている。WVJは「『このお金はどんな子に届くかな?』『世界の子どもたちはどんな暮らしをしているかな?』など、世界の子どもたちに思いをはせながらクリスマスを迎えていただけます」と説明している。

 「喜びを贈る」アドベントカレンダー募金箱、2500人にプレゼント WVJが今年も実施
今年新登場の塗り絵版アドベントカレンダー募金箱

集めた募金はクリスマス後、WVJに送金することで、南スーダンやソマリア、イラクなどの食糧支援に充てられる。支援の成果は後日、報告書として送られてくる。

募金箱の受け付けは9月中旬からWVJのホームページ上で行う。塗り絵版募金箱を作る親子向けワークショップは、11月17日(土)に東京・表参道の会場で開催する。ワークショップの詳細・申し込みについては後日、同じくWVJのホームページで発表する。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング