なにゆえキリストの道なのか(177)私たちのからだが復活する、とはあり得るのか? 正木弥

2019年1月12日09時35分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

私たちのからだが復活する、とはあり得るのか。

私たちの肉のからだはいったん死んで、魂と分離して分解します。からだの組織は崩れ、細胞は分解し、タンパク質に戻り、タンパク質はアミノ酸になり、アミノ酸は元素に分解します。分解したものは基本的に、高度の知恵があればまた統合・組み合わせがまったく不可能というわけではないでしょう。

エジプトのナイル川の上流にアブシンベル神殿があります。ところが、ナセル大統領がアスワン・ハイダムの建設を発表し、このダムができれば神殿が水没することになりました。しかし、水没すると長い間に水際線を中心に水で浸蝕され、破壊されることが予想されるに至ったのです。このため、水が来ない高台に移設して保存する案を考えましたが、あの巨大で精巧な神殿をどのようにしてそうできるでしょうか。

ユネスコ(国連教育文化機構)が学者や技術者を集めてその方法を編み出しました。その方法により、神殿の全体、あらゆる部分を正確に測量し、そして、写真を撮りました。それから、神殿を構成する数百万個の石材一つ一つに番号をふり、記録し、また、平面的・立体的な位置を図面化しました。それから解体し、解体した石材を移転先に運びました。またそれから、図面や番号、写真に従って元通り組み立てたのです。あの巨大で精巧なアブシンベル神殿を、寸部違わず、元通りの姿で数キロ先の高台に移転できたのです。人間の知恵のなせるわざだと、ナセル大統領も感謝したのでした。

人間よりもはるかに知恵のある神様は、死んだ人間のからだが元素にまで分解しても(元素に番号をつける方法で、とまでは断定しませんが)何らかの方法で復元できるはずです。“復活”の場合、単に元通りの復元ではなく、もっとうまい具合に組み合わせて、良いからだに復元することもある、というのです。これが、復活の“朽ちないからだ”、“栄光あるからだ”、“強いもの”、“御霊に属するからだ”であると聖書は約束しているのです。

生まれることとよみがえることと、どちらが難しいでしょうか?かつてなかったものが存在するようになることと、かつて存在したものが再び存在するようになることと、どちらがより難しいことでしょうか?普通は、存在に到達することの方が、存在に復帰することより困難だと考えるのが冷静な考え方です。つまり私たちに、生まれる(出生)という難しいことが神によってなされているのですから、再びからだを与えられるということ(復活)が神によってできないはずはない、といえるのです。(『パンセ』222)

<<前回へ

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング