なにゆえキリストの道なのか(155)回りくどいことをしないで、いきなり赦してくれたらいい? 正木弥

2018年8月12日19時45分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

神はわざわざ御子を犠牲にするなんて回りくどいことをしないで、いきなり赦(ゆる)してくれたらいいんだ。

ベストセラーの『ふしぎなキリスト教』の中で共著者の大澤真幸氏は「この(設問)のように神様に提案したくなる」と語っています。しかし、それは十字架のあがないの真意を理解してない勝手な言い分であって、神はそんなことはしないのです。

神は“愛”でありますから、人間が滅びてしまわないよう、罪を赦したいのですが、他方で神は“義”でもある方ですから、罪をそのまま赦すことはできない(つまり、罪をいい加減に扱うことはなさらない)のです。罪はきちんと罰されないとおさまらない。それが義(正義)の要求なのです。

例えば、誰かがうその証言をしてあなたを有罪に陥れ、あなたは懲役3年の刑に処せられた場合、あるいは誰かがあなたの身内の者を殺したという場合・・・「加害者が反省しましたから赦してやってほしい」と言われたらどう考えますか。「それはひどい。反省だけでなく、相応の罰を与えるべきだ」と言うでしょう。罰は正義の帰結、行き着くところなのです。

そうです。罰を受けないではコトはおさまりません。そこで神は、御子を十字架の刑(罰)にかけて死なせたのです。これは、御子にその罰を受けさせたということ、加害者(罪を犯した者)に代わって、畏れ多くも御子イエス・キリストに罰を受けさせたということなのです。

罪を犯した者(あなたも含めた全人類)は、代わって罰を受けてくれたことについてキリストに厚く感謝しなければなりません。この過程は回りくどいことではなくて、どうしても必要な過程なのです。神の本質に関わる問題なのです。つまり、いきなり赦すのでは神の義という本質を無視することになるのです。それは、十字架(刑罰)の死が不必要だとする議論なのです。

神は義である方であり、同時に愛である方です。一方で、義は罰しなければならないとし、他方で、愛は赦してやりたいとする。この相反する両方の要求を、御子イエス・キリストを十字架にかけることで、うまく充たしたのです。

御子が全人類に代わって死んでくれたにもかかわらず、それは自分と関係ないと言うのは、ひどいこと!神の愛のみわざ、あなたも含めた全人類のために御子を死なせたという“御子の犠牲の死”を足蹴(あしげ)にするようなものです。

人間がどう考えようと、神はその義をないがしろにすることはありません。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング