なにゆえキリストの道なのか(153)信じたらこの世で具体的に何か良いことがあるのか 正木弥

2018年7月28日19時19分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

信じたらこの世で具体的に何か良いことがあるのか。

キリストの神を信じたら良いことがたくさんあります。箇条書きにしてみましょう。

  1. 自分の世界観、価値観がはっきりと確立する。善悪・正邪・生き方などについて確信を持って歩める。従って、他の人のあれこれの意見に迷わされなくて済む。
  2. 孤独を克服できる。聖霊の神が内に宿ってくださるので、この神の導きのもとで人生を歩むことができる。いろいろな困難や苦境にあっても、聖霊による慰めや励ましを受けることができる。
  3. 人生の意義、目的がはっきりし、目標を示される(これは、大変大事なことである)。そこから、人生のむなしさ、空虚感がなくなる。生きがいが与えられる。
  4. 運・不運や不平等、社会の不条理などについて嘆かなくて済む。
  5. 肉体の死の後の行き先が示される。からだの復活・天国での永遠のいのちを確信することができる。すると、死後についての不安、恐れがなくなる。希望を持って生きられる。
  6. 人生の途上で災難や困難に出会ったとき、全知全能の神に祈ることができる。聞かれてよし。聞かれなくても、その神にお任せすることができる。あがいたり、憔悴(しょうすい)しなくてよい。
  7. 他人と比較したり、優劣を競い合ったりしなくて済む。必要以上に劣等感にさいなまれることがなくなる。神がひとりびとりを個性を持った者としてお造りになったことを信じることができる。
  8. 人生においてしなければならない最低限度(キリストを信じ、信仰を持って生きること)を自覚し、それさえできれば成功の人生であると意識できる。従って、焦らないで平安に過ごせる。
  9. 誰かから不当な仕打ちを受けたり、損を与えられたりしても、仕返しをせず、復讐をせず、損をガマンし、悠然と生きることができる。
  10. 正しい生き方にはいつか必ず良い報いがあること、私や社会に不当なことや悪をなす者には(自分で復讐しなくても)必ず悪い報いがあることを知り、忍耐して生きることができる。
  11. 神の救済史を知ることができ、狭い視野・五里霧中の中から目が開かれる。
  12. 迷信・占いの類にとらわれないで生きられる。不自由にならないで済む。
  13. 悪の道へ入り込まないで済む。この世では、誘惑が多く、悪習・悪事に巻き込まれやすいが、聖書の言葉や教会生活を通して心に神の教えが刻まれるので、そうしたものから遠ざかっていられる。
  14. 自分の罪が赦(ゆる)され、神の子となる特権が与えられる。反射的に、滅びや永遠の刑罰から無縁の者とせられる。
  15. 他の人が嫌がる(したがらない)が有意義な仕事に取り組むことができるようになる。

これらは、お金がもうかるとか、病気が治るとか、進学や昇進がうまくいくとか、他人から良い評判を得るとか、そのようなご利益ではありません。しかし、上のような良い成果は、生き方・生活の全般を立て直したり、信用を高めたりするので、お金とか健康以上に良い効果をもたらしてくれます。まわりまわってその人を幸福にします。キリスト信仰は、広い意味でその人を幸せにし、栄えさせます。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング