なにゆえキリストの道なのか(150)何の取りえもない人は小さくなって生きるほかないのか 正木弥

2018年7月7日08時24分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

何の取りえもない人は小さくなって生きるほかないのか。

内村鑑三の著書に『後世への最大遺物』という本があります。人がこの世で生きた結果、何を後世に残せるかという問題を、古今の実例を紹介しながら国民一般に語り掛けたものです。その中で例として挙げているのは、お金をもうけて残すこと、事業を興して残すこと、著述物を書いて残すこと、いずれも多大の価値あることであるとしながら、それは誰にでもできることではない、また、時に害をなすものもあるというわけです。

よって、最大遺物は、誰にでも残すことができるものであり、益ばかりで害がないというものでなければならないというのです。そんなものはあるのか、もちろん“ある”、それは「勇ましく高尚な生涯」である、この世は決して悪魔が支配する世の中ではなくして、神が支配する世の中であることを信じること、失望の世の中ではなく、希望の世の中であることを信じることだというのです。

信じるだけでなく、その生涯で実行して、その生涯をこの世への贈り物としてこの世を去るということです。これは誰でも残すことのできる遺物だというのです。

仮に彼の考えが正しいとすれば、何の取りえもない人でも後世に良い生き方、立派な生き方を残せるわけで、存在意味の大きい生涯ですから、大手を振って生きることができるわけです。決して卑下したり、小さくなる必要はありません。

しかし結局は、人の生涯の価値は世人が決めるものではありません。世評は風のように揺れ動くものです。そうではなく、人の生涯は、人を造った神がその造った目的に照らして判定するものです。自分では小さいと思っても、もし、神を信じ、神の教えに従って雄々しく生きる生涯を残していけば、大きな、大きな意味があるのです。神を信じて、堂々と生きましょう。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング