重荷を軽くするには 佐々木満男

2018年7月6日10時43分 コラムニスト : 佐々木満男 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐々木満男

1. 奇跡の人

5歳で失明した少女は、8歳で母を亡くした。その後、アル中の父に捨てられた少女は弟を亡くし天涯孤独となり、統合失調症を患う。14歳になり、彼女は盲学校に入学した。何度もつらい目の手術をし、少し目が見えるようになった彼女は、盲学校を首席で卒業。そして、22歳で教師になる。

彼女は知人の紹介で、目も口も耳も不自由な少女の家庭教師になった。その不自由さの故に裕福な両親に甘やかされて育った少女は、心が閉ざされていて獣のように暴れて手が付けられない。彼女は少女を両親から離して、たった一人で信仰と愛をもって徹底的に厳しく訓育した。

やがて少女は彼女に心を開くようになり、点字で本を読み、唇の動きを指で触って会話ができるようになる。自分の知的才能に目覚めた少女は、ハーバード大学に入学して熱心に学び、2つの博士号を授与された。

教師はアン・サリバン、少女はヘレン・ケラー。2人は生涯、共に行動し、障がい者を含む弱者の社会的平等実現のために戦い、世界中の人々に生きる勇気と希望を与え、世の光として大きく輝いた。

日本では、三重苦を克服したヘレン・ケラーが「奇跡の人」と言われているが、米国では、盲目、死別、孤児、心の病、貧乏、低学歴、障がい者差別などの多くの苦難を克服したアン・サリバンを「奇跡の人」と呼んでいる。アン・サリバンあってのヘレン・ケラーであるからである。2人とも、「キリストを信じるなら、どんな苦難をも乗り越えて生き、栄光の道を歩むことができる」という素晴らしい証人である。

2. 「重荷」を軽くするには

聖書は、神を信じる者には「苦難は軽い」から耐えることができると言う。そして、苦難を耐えることによって「重い栄光」がもたらされると言う。

弁護士としてさまざまな問題に苦しんでいる方々を助けていると、それが大きな重荷となってくる。弁護士には守秘義務があるから、誰にも相談できず一人で問題を抱え込んでしまうことが多い。

すでにこじれている問題がさらにこじれて、どんどん追い詰められてしまうこともある。抱えている問題の重圧から心の病に陥る弁護士が増えている。弁護士会としてもこの事態を無視することができず、弁護士のために専任の心のカウンセラーを置くようになってきた。

しかし、聖書には、誰でも重荷を軽くすることができる秘訣が書かれている。「重荷を背負って苦労している人は、わたしのところに来なさい。わたしが休ませてあげよう」とイエスは語っている。柔和で謙遜なイエス・キリストから生き方を学んでいると元気になって、「重い荷物」を「軽い荷物」として背負える力が湧いてくる。(マタイ11:28)

自分では「重い重い」と苦しみながら重荷を負っているつもりが、「これは重くないんだ!実は軽い荷物なんだ!」と信じると、本当に軽くなるから不思議である。だから私は、どんな難問を抱えても、「重い重い」と思い煩わないで、「軽い軽い」と自分に言い聞かせている。イエス・キリストという最高のカウンセラーに相談していると、神の力が内側から湧いてきて、難問を軽く背負うことができるようになる。

神を信じる者にとっては、本当はどんな苦難も一時的なものであり、かつ軽いのである。そして、一時の軽い苦難を生き抜くことによって、永遠の重い栄光がもたらされるのである。

「今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです」(2コリント4:17)

佐々木満男

佐々木満男(ささき・みつお)

弁護士。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL. M)。インターナショナルVIPクラブ東京大学顧問。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐々木満男

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング