スーダンの教会に反キリスト教チラシ、宗教指導相が非難

2017年1月23日17時51分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+スーダン・ハルツーム
スーダンの首都ハルツームの様子=2012年6月26日(写真:New Zealand Defence Force)

北アフリカのスーダンで、幾つかの教会に反キリスト教のチラシが貼られる事件があったことを受け、同国のアルマ・ミルガニ・フセイン宗教指導相は、非難するコメントを発表した。

パリに拠点を置くオンライン新聞「スーダン・トリビューン」によると、チラシは昨年のクリスマスの時期に貼られた。イスラム教徒に、キリスト教の祝典や行事を排斥するよう駆り立てる内容で、クリスマスの時期にキリスト教徒の家庭を訪問したり、お祝いの言葉を述べたりすることをしないように呼び掛けるものだったという。

事件後、国内のカトリック教会やコプト正教会の指導者らから苦情を受けたフセイン氏は、「イスラム教では、非イスラム教徒、特にキリスト教徒を彼らの宗教上の機会に祝福することを禁じていない」とコメント。共生を促すイスラム教の教えを強調し、「全ての宗教、宗派、グループとのコミュニケーションの必要性を強調することに配慮した複数のファトワー(イスラム教の勧告)」を指摘した。

フセイン氏は、キリスト教徒や彼らと良い交友関係にある市民たちの間に不和を引き起こすような否定的な宣伝をしてはならないと述べ、全ての宗教やグループが平和的に共存するよう求めた。

事件は、スーダンで緊張が増加する中で発生した。一方、2011年に分離独立した隣国の南スーダンは、内戦の瀬戸際にあり、多くのキリスト教徒は、教会の解体や逮捕、死刑といった迫害に直面している。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース