カトリック名誉司教:南スーダンの国民が学ぶ必要がある20の言葉と8つの言い回し

2016年12月8日16時43分 記者 : 行本尚史 印刷
関連タグ:南スーダン
+カトリック名誉司教:南スーダンの国民が学ぶ必要がある20の言葉と8つの言い回し
パリデ・タバン名誉司教(写真:Vatican Radio)

南スーダン南東部の町トリットの名誉司教は、もし永続的な平和をこの国に取り戻すのならば、南スーダン人は20の言葉と8つの言い回しを学ぶ必要があるという。バチカン放送局英語版が5日に報じた。

「その言葉とは、愛、喜び、平和、忍耐、憐れみ、同情、親切さ、真実性、優しさ、自制、謙虚さ、貧しさ、赦(ゆる)し、いつくしみ、友情、信頼、一致、清らかさ、信仰、そして希望です。これらがその20の言葉で、その8つの言い回しとは、私はあなたを愛しています、私はあなたがいなくて寂しいです、私はあなたに感謝します、私は赦します、私たちは忘れます、共に、私が間違っています、ごめんなさい、です」と、タバン名誉司教は語った。

これらの言葉を内面化することによってのみ、恒久的な平和が南スーダンに戻って来ることができると、タバン名誉司教は主張している。

タバン名誉司教は、この世界の全てのものは過ぎ去っていくだろうが、愛はいつまでも残るだろうと述べた。

タバン名誉司教は、最近、首都ジュバのジエング長老協議会に向けて語っていた。タバン名誉司教は年配の市民に対し、部族の違いにもかかわらず、自分たちがかつてどのようにして平和と調和のうちに暮らしていたかを、より若い世代に思い起こさせるようにと言った。

「私が若かった頃は、南スーダン人は決してこんなにとても部族主義的ではなかったのです。私たちが死につつあるのは、私たちがお互いに対して誠実でないからです」と1936年生まれのタバン名誉司教は、2013年に国内紛争が始まってから説いてきたメッセージをそのまま繰り返して言った。

タバン名誉司教は、平和を促進する取り組みが認められた2013年に国連のセルジオ・ビエラ・デ・メロ賞を受賞した。タバン名誉司教は1999年、南スーダンの東エクアトリア州にあるホーリー・トリニティ・ピース・ビレッジ(聖三一平和村)を開村した。

この計画は、異なる部族や国々・宗教の人たちが共に生活して働く村となるべく、当初は、展示圃場(ほじょう)として始まり、後の2004年に拡大された。

関連タグ:南スーダン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース