南スーダン首都ジュバの補佐司教、説教で「うそをつく必要はない。人々は苦しんでいる」「正義なくして平和なし」

2016年10月8日20時42分 印刷
関連タグ:南スーダン
+南スーダン首都ジュバの補佐司教、説教で「うそをつく必要はない。人々は苦しんでいる」「正義なくして平和なし」
南スーダンの首都ジュバのサント・ラク補佐司教(写真:フィデス通信)

南スーダンの首都ジュバのサント・ラク補佐司教は説教の中で、「うそをつく必要はありません。それは私たちの役には立ちません。この国は沈みつつあります。私たちは、国民の苦しみを否定するよりも、むしろ起き上がり、力強く立ち上がって、『神よ、私たちが新しい道を切り開くのをお助けください』と言うことです」と語った。バチカン(ローマ教皇庁)のフィデス通信が4日、報じた。

南スーダンのタバン・デン・ガイ第1副大統領は9月23日、米ニューヨークで行われた国連総会で演説を行い、国連による同国への地域防護部隊の配備に反対を表明。政府軍とリエク・マシャール前副大統領派の軍との衝突の後も、南スーダンは平和であると主張していた。ラク補佐司祭が説教でこのように述べたのは、このわずか数日後のことだった。

国連本部のニュースセンターによると、デン・ガイ第1副大統領は演説の中で、「現時点で、私があなたがたに自信を持ってご報告できるのは、私たちの国の状況が安定しており、平和であること、そして私の政府が機能しており、生活も通常に戻りつつあるということです」と述べた。

しかし、ラク補佐司教は「私たちはこれらの人たちの苦しみを否定することはできない」と主張。「告訴もされないまま投獄されている若い男女は、今日、何人いるのでしょうか? 人々は告訴もされないまま閉じ込められているのです。この国は正義の上においてのみ建てることができるのです。誰かが何か犯罪を犯したとき、憲法に従って、その人は法の前に裁かれるべきなのです。もっとも、私たちの憲法も病気ですが」と語った。

南スーダン首都ジュバの補佐司教、説教で「うそをつく必要はない。人々は苦しんでいる」「正義なくして平和なし」
国連総会で演説を行う南スーダンのタバン・デン・ガイ第1副大統領=9月23日、米ニューヨークで(写真:UN Photo / Cia Pak)

ラク補佐司教は、「不正義を犯す者たち」が、市民へ対する体裁のために宗教行事に出席していると指摘。社会では、汚職がはびこり、貧富の差が増大しており、宗教的な偽善的行為によって自らの時を混乱させていると語った。

「国民に対する不正義に取り組むことなしに、平和の歌を歌うことなどできません。私のトゥクル(泥壁と草ぶき屋根でできた南スーダンの伝統的な家)を焼き、私に平和的であるよう求めておきながら、もう1軒のトゥクルを建てるために草を刈りに行くのを認めないなんて、どうしてできるのでしょうか?」と、ラク補佐司教は結んだ。

関連タグ:南スーダン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース