「クリスマスには平和を」内戦状態の南スーダン 南西部の町で教会指導者らが懇願

2016年11月17日16時22分 記者 : 行本尚史 印刷
+「クリスマスには平和を」内戦状態の南スーダン 南西部の町で教会指導者らが懇願
平和を懇願している南スーダン南西部の町イェイの教会指導者たち(写真:UNMISS)

内戦状態にある南スーダン南西部のイェイという町にある教区で、聖公会の主教が同国の指導者たちに対し、イェイに平和をもたらすよう必死に懇願している。国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)が15日、公式サイトのニュースで報じた。

「私が乞い願っているのは、今年のクリスマスに平和がほしいということだけなのです」と、イェイ教区のヒラリー・アデバ・ルアテ主教は懇願し、「この紛争を始めた人たちに私が求めることができるのは、平和を乞い願うこと以外にありません」と付け加えた。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、イェイで現在進行中の軍事活動で10万人に上る人々がこの町に閉じ込められており、今や人道危機に直面していると述べている。

ルアテ主教はその治安状況を「不穏だ」と述べているが、最近の報道でも10人を超える人々が残酷にも殺され、遺体が焼かれたという。ルアテ主教は、この殺害の背景に誰がいるのかを確認するのは難しいと語り、殺害は主に村落部で行われていると付け加えた。

この人道状況についてルアテ主教は、国連世界食糧機関(WFP)が食糧援助物資の配給を開始し、絶望的な状況から大きく解放されたと語った。「WFPが食糧を配給し始めた先週、私たちはとてもうれしかったのです。人々がうれしそうに笑顔で食べ物を運んでいたのが、私には見えました」と、同主教は述べた。

イェイの治安状況は、7月初めに首都ジュバで新たな紛争が勃発した後、急速に悪化した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース