「大量虐殺の危険性あり」南スーダン人の主要な離散者組織が語る 平和への道を求める教会

2016年11月8日23時00分 記者 : 行本尚史 印刷
関連タグ:南スーダン
+「大量虐殺の危険性あり」南スーダン人の主要な離散者組織が語る 平和への道を求める教会
(写真:フィデス通信)

南スーダンでは大量虐殺の危険性が現実のものとなっており、それを防ぐためにあらゆることがなされなければならないと、米国在住の南スーダン人の離散者たちによるさまざまな集団や組織の連合体「南スーダンのための提言者連合」(CASS)が述べている。カトリックのニュースメディア「フィデス通信」が7日、同国の首都ジュバ発で報じた。

CASSは、サルバ・キール大統領とリエク・マシャール前副大統領の衝突に起因する、南スーダンにおける危機の増大について、アフリカ連合や政府間開発機構(IGAD)に対する訴えを開始した。

「南スーダン紛争における行為は、この国で民族を標的とした攻撃が最近増大していることに示されているように、大量虐殺の可能性を高めるという結果を生んだ」と、フィデス通信に送られてきた声明文でCASSは述べている。「分極化した共同体はまた、さまざまなソーシャルメディアの討論の場をますます使ってヘイトスピーチ(憎悪の言葉)をぶちまけてもいる。橋渡しがぜひとも必要な時に、この誇張が暴力や敵意をあおっている。あらゆる兆候が指し示しているのは、大量虐殺の脅威がこれから増えるばかりだということだ」

地元の情報筋は繰り返し、フィデス通信に対し、南スーダンにおける大量虐殺の危険性を述べてきたが、その一方でカトリック教会や他のキリスト教共同体は、緊張を和らげ、平和の道を求める努力を続けている。

【関連記事】南スーダン:キリスト教会、部族集団同士の和解のプロジェクトを開始

関連タグ:南スーダン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース