米教会のウェブサイト、ISにハッキングされる

2016年4月30日23時09分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+米教会のウェブサイト、ISにハッキングされる
過激派組織「イスラム国」(IS)のスポークスマン、アブ・ムハンマド・アル・アドナニ(写真:ウィキペディア)

過激派組織「イスラム国」(IS)が、米ミシガン州にあるラモント・クリスチャン改革派教会のウェブサイトをハッキングした。ハッキングされた同教会ウェブサイトには、「われわれは、お前たちのローマを征服し、お前たちの十字架を破壊し、最も崇高である方アラーの許可の下、お前たちの女どもを奴隷にする」と書かれていた。

同教会のウェブサイトの異変に最初に気付いたのは、エリザベス・ストートブームさん(15)。ある書類を書くため、教会の電話番号を調べようとウェブサイトにアクセスしたときであった。

そこには「あなたはユナイッテッド・サイバー・キャリフェット(the United Cyber Caliphate)にハッキングされました」との文字が表示され、ISのスポークスマン、アブ・ムハンマド・アル・アドナニが映っているユーチューブの動画が自動的に再生された。

エリザベスさんは、米ニュースサイト「フォックス17」にその時の状況を語った。「ウェブサイトをクリックすると、突然このビデオがポップアップされたので、何これ?と思いました。動画が再生されて、動画の字幕を追って読んでいましたが、クレイジーなことを話していました。私はお父さんを部屋に呼んで、これ見てと言いました。とても怖くて思わず(持っていたデバイスの)カメラを手で覆いました」。

「動画では、クリスチャンたちを嫌っていること、アラーがいかにして神であり、全てであるかということが語られていました。私は、ただ訳が分かりませんでした。彼らは、女性や子どもたちを連れ去るとかそういったことを話していました」

このハッキンググループは、少なくとも過去2年間にわたり、いろいろなウェブサイトをハッキングしている。

エリザベスさんと彼女の父親は、この件について同教会およびFBIに通知した。「ユナイッテッド・サイバー・キャリフェット」はISのサイバーテロリストグループ。過去には「キル・リスト(kill list)」を公表。そこには米国政府職員の名前も含まれていた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース