終活とキリスト教「死を覚えるとは、祈りを覚えること」関智征牧師(1/2)

2016年3月22日17時50分 印刷
関連タグ:関智征

高齢化社会に伴い「終活」「エンディングノート」などがはやっているが、実際にどのようにして家族や自分の死、家族の死と向き合えばよいのか。福祉や教会の現場での体験を踏まえ、終活ブームに「死生学」の切り口から提言を行うブランドニューライフ牧師の関智征氏に聞いた。なぜ、今、死生学なのか。

終活とキリスト教「死を覚えるとは、祈りを覚えること」 関智征牧師(1/2)
福祉や教会の現場での体験を踏まえ、終活ブームに「死生学」の切り口から提言を行うブランドニューライフ牧師の関智征氏

――「終活」ブーム

終活とは、人生の最期を迎えるに当たっての活動です。自分のお葬式、お墓などの準備、また自分が寝たきりになったときなどに、延命治療をするかどうかの意思表示を事前に行い、人生の終わりをより良いものとするためのものです。

最近の終活セミナーでは、葬儀会社や保険会社などが主催するものを多くみかけます。エンディングノートや粗品をプレゼントされたり、お葬式やお墓のパンフレットをもらったり、相続税のセミナーが行われたりします。

現代の終活ブームは、従来タブー視されていた生老病死の話題を公に語り合う場を創り出し、日本社会に風穴を開けました。ただ、葬儀会社や保険会社のパンフレットとお土産を持って帰る「商品化された終活セミナー」に私自身、違和感があり、別の切り口からの「終活」を提案しています。

――終活と死生学

例えば、先日担当いたしました公開講座「終活と生命倫理」(自由学園明日館、2016年2月)では、今までの人間関係の棚卸しを通して、自分が大切にしていたものを見つけるワークショップを行いました。仏教の僧侶の方も参加してくださり、参加者同士の楽しい交流の時ともなりました。

その際、講座では「死生学」の観点を意識しました。死生学とは、死と生を表裏一体のものとして捉えることで「命」を考えるものです。

私は「一人一人の人間は、神に愛されている神の最高傑作だ」というキリスト教の思想を土台に、死生学に取り組んでいます。キリスト教では、「命」を考えるに当たり、「父なる神は、その愛する子どもとして人間を造られたのだ」という天地創造のストーリーが前提とされています。

誰でも自分の子どもを愛し、大切にします。しかし、それにはるかに勝って「天の父なる神」は、ご自分の子どもを大切にしてくださっている。ここに、人の「命」の価値があります。

――メメント・モリ(死を覚えよ)

旧約聖書には、「私たちの齢は七十年。健やかであっても八十年。しかも、その誇りとするところは労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです」(詩篇90:10)とあります。それゆえ、詩篇の作者は「われらにおのが日をかぞへることを教へて、智慧の心を得させたまへ」(詩篇90:12、文語訳)と祈りました。これは「メメント・モリ(死を覚えよ)」の祈りです。

大事な人を失った悲しみ、痛み、空虚感は、誰もが直面し得ることです。ぶつけようのない寂しさ、怒りを誰かにぶつけずには、いられない。そんな遺族の方を見てきました。私たちは、突然の自分の親しい人の死に対して、どう接すればよいか言葉を失います。頭では処理できない家族の突然の死、また自分自身の死への不安や虚無感と向き合うには、信心、祈り心が不可欠だと思います。

「死を覚えよ」とは、すなわち「祈りを覚えよ」ということなのです。キリスト者、牧師という存在は、死後の葬儀の時に登場するだけでなく、日常から死に向き合い寄り添う存在なのではないでしょうか。

(1)(2)

関連タグ:関智征

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース