再び教会を建てる米国 信者の減少は底を打ったとの分析結果

2015年11月5日22時35分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:アメリカ
+再び教会を建てる米国 信者の減少は底を打ったとの分析結果
米ニューヨーク・マンハッタンの南端にあるトリニティ教会。ちょうどブロードウェイとウォール街の交差点に位置し、米国聖公会ニューヨーク教区の教区教会の一つ。(写真:Wally Gobetz)

ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた建築系シンクタンクの調査によると、米国では再び教会が建築されているという。

ドッジ・データ・アンド・アナリティクス社によると、新たに宗教建築が建てられた土地の広さは、2002年にピークに達した後減少し続けていた。今年はそれが930万平方フィート(約0・86平方キロ)になるとみられる。2002年のピークの82%まで落ち込み、記録が始まった1967年以来最低の数字でもある。

しかし、ドッジ社によると、2014年の会計年度における宗教建築の出費は前年よりも9%以上落ち込んだが、今年1月から8月では2・3%上昇したという。

このことから、新規建築物の土地の広さは今年もさらに減少するものの、2016年には960平方フィート(約0・89平方キロ)と、増加に転じると考えられている。

ドッジ社のチーフエコノミスト、ロバート・マレー氏は、「経済状況の向上と寄付の増加を踏まえる」と、増加に転じるのを「合理的に確信している」と語った。

しかし、教会建築を抑制する要素がまだ存在するという。マレー氏は、2020年には新規建築物の土地の広さが1250万平方フィート(約1・16平方キロ)に上るだろうとドッジ社が推測していると明かした。しかしこの数字は、1990年代終盤から2000年代初頭にかけての数字よりも依然として相当低い。

「実質的に減少しています」とマレー氏は述べ、「教会を建築するのに大きく妨げとなる要素が多く、これらは少なくともあと数年は続くとみられます」と指摘した。

多方面からの影響が数字の減少につながっており、教会員数の減少や収入の減少も関わっている。多くの会衆は、新しく建てるよりもより柔軟性が高く、働きや伝道のために資金を回すことのできる賃貸を選ぶことで得られる、相対的な自由を好む傾向がある。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
関連タグ:アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース