上智大、アジアの教育機関2つと連携協定 タイに5番目の海外拠点開設

2015年3月28日20時10分 印刷
関連タグ:上智大学
+上智大、アジアの教育機関2つと連携協定 タイに5番目の海外拠点開設
左から、高祖敏明・上智学院理事長、杉村美紀・上智大学副学長、国連教育科学文化機関(UNESCO)アジア太平洋地域教育局代表ら=3月6日、タイ・バンコクで(写真:上智大学提供)

上智大学(東京都千代田区)は3月6日、国連教育科学文化機関(UNESCO)アジア太平洋地域教育局(所在地:タイ・バンコク)と東南アジア教育大臣機構高等教育開発センター(SEAMEO−RIHED、所在地:同)と教育連携協定を締結した。これにより同大は、協定を結んだ各機関と協力して、高等教育分野などでの共同プロジェクト・研究の実施、教職員・スタッフ間の交流、インターンシップの実施、シンポジウム・セミナーなどの共同実施などを展開していくことになる。

上智大学は、文部科学省の2013年度「大学の世界展開力強化事業(AIMSプログラム)」に選ばれたことを機に、東南アジア諸国連合(ASEAN)の3カ国(インドネシア・タイ・フィリピン)の6大学との交流促進を目的とした留学プログラムをスタートした。今年2月には、同大5番目の海外拠点となる「上智大学ASEANハブセンター」をバンコクに開設。3月6日には同センターの開設記念シンポジウムを行い、併せて今回協定を結んだ各機関との調印式を行った。

シンポジウムでは、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されたことなど、同大のグローバル化への取組みについて、上智学院理事長の髙祖敏明氏が説明。アジアにおける教育研究のハブ拠点の役割について語った。その後、パネリストらにより、ASEAN地域の高等教育の国際化が進むべき方向性や、大学生交流事業における質の保証などについて議論が交わされた。

上智大、アジアの教育機関2つと連携協定 タイに5番目の海外拠点開設
東南アジア教育大臣機構高等教育開発センター(SEAMEO−RIHED)とも協定書を取り交わした。(写真:上智大学提供)

今回提携を結んだ、UNESCOアジア太平洋地域教育局は、教育や文化、科学技術、情報・コミュニケーションを通じて平和、貧困削減、持続可能な開発、文化間の対話の促進のために活動している国連専門機関・UNESCOのアジア太平洋地域の教育局として、1961年に設立した。主に同地域内の教育政策助言や能力開発支援などを行い、特にASEAN加盟国のうちタイやカンボジアなど6カ国の教育関連事業を統括・実施している。

一方、SEAMEO−RIHEDは、東南アジアにおける教育・科学・文化的分野での連携促進を目的に、東南アジア教育大臣機構(SEAMEO)の地域センターの一つとして1993年に設立された。高等教育の効率性と効果を高め、調和化を図ることを使命としている。同大が2013年度から参加したAIMSプログラムの運営機関でもある。

同大は今回の協定締結を受け、「(これらの機関との)パートナーシップによって、ASEANや大メコン圏(カンボジア、ラオス、ベトナム、タイ、ミャンマー及び中国雲南省)の高等教育ネットワークの連携を強化しつつ、東南アジア地域との学術・研究交流に積極的に取り組んでいきます」としている。

関連タグ:上智大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース