「愛の実践のために」 NPO法人マザーハウス理事長・五十嵐弘志氏

2015年3月16日10時54分 インタビュアー : 坂本直子 印刷
+「愛の実践のために」 NPO法人マザーハウス・理事長五十嵐弘志氏
マザーハウスの啓蒙活動のため日本中を飛び回る五十嵐氏。「更生は自分自身に向き合うことから始まる。しかし、それは一人で行うにはあまりにも過酷なもの。誰か助けてくる人が必要」と自らその役割を担っている。

受刑者の更生や就労支援、また受刑者の状況に関する啓蒙活動などを通してトータルに受刑者をサポートするNPO法人マザーハウス。その理事長である五十嵐弘志氏は、25歳のときに懲役4年を宣告され、その後出所と逮捕を繰り返し、服役生活は約20年に及ぶ。しかし、3度目の逮捕で留置場に勾留されていたとき、後から入ってきた日系ブラジル人から聖書の話を聞き、イエス・キリストに出会ったことで、五十嵐氏のその後の人生が大きく変わることになった。

「イエス様についてもっと知りたい」という思いから、拘置所の中で差し入れてもらった聖書をむさぼり読むうちに、使徒言行録9章4節の「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」という御言葉に、「弘志、弘志、なぜ、罪を犯すのか」という神の声が重なった。その時、自分の罪を深く悟り、生まれて初めて「神様、ごめんなさい」と告白し、イエス・キリストを受け入れたという。

2011年12月に出所し、敬愛するマザー・テレサの「日本のカルカッタで奉仕活動をしなさい」という言葉を思い出した五十嵐氏は、日本のカルカッタ、すなわち最も貧しい場所が、自分のいた刑務所だと気づく。「そこは本当に孤独で、心が荒んだ場所だった」と五十嵐氏は話す。そして、そこにイエスと共に出掛けていこうと決心した。

マザーハウスは、2014年5月23日にNPO法人として登記されることになるが、設立までの道のりは困難の連続だった。「本当は、出所してすぐに設立したかったが、欠格事由ということで、申請の許可を得るのに2年待たなければならなかった」と五十嵐氏は当時を振り返る。

誰かにNPO法人の代表になってもらい、即設立ということも考えたが、「当事者がやらなければだめだ」という身元引受人のアドバイスを聞き入れ、2年待つことになった。その間、定款づくり、活動計画や予算書の作成、役員名簿など、全て一からの作業だった。

五十嵐氏のこだわりは12人の役員だ。「12人は多すぎだという意見もあったが、どうしても『イエス様の12弟子』に倣いたかった」と話す。役員のうち10人はクリスチャンで占められている。

また、「マザーハウス」という名称についてもひと悶着(もんちゃく)があったという。五十嵐氏は、マザー・テレサの精神に乗っ取って、マザー・テレサが奉仕したインド東部のカルカッタにある施設「マザーハウス」と同じ名前にすることを決めていた。ところが、神の愛の宣教者会のボランティアをしているクリスチャンから、「『マザーハウス』の名前を使って金集めをしている」と非難された。その悔しさを神の愛の宣教者会の院長に話し、同修道会の総長に直談判をして許可を得たという。

「愛の実践のために」 NPO法人マザーハウス理事長・五十嵐弘志氏
五十嵐弘志氏(中央)を囲む加藤英雄神父(左)とエルナンデス修道士。さまざまな出会いによって道を切り開いてきた五十嵐氏。中でも究極の出会いはイエス・キリストだと言う。

元受刑者に対する社会の壁にも遭いながらも、NPO法人を立ち上げ、マザーハウスの働きが守られているのは、「イエス様に示されたマザーハウスによって、戸をたたけば、必ず扉は開かれると信じているから。壁を破るためにマザーハウスが与えられた」と五十嵐氏は言う。

一方、五十嵐氏は、世の中でさまざまな支援活動が行われる中、刑務所に手を差し伸べることがほとんどない現状を指摘する。「刑務所にいる人たちも同じ人間で、深い傷を持っている。だからこそ、その場に一緒に寄り添って、話を聞いてあげなければならない」。身近にいる最も貧しい人たちと関わることこそ、愛の実践だと、祈りに加えて行動することの大切さを語る。

マザーハウスの活動の一つに、「マザーハウス・ラブレター・プロジェクト」というものがある。これは、受刑者と文通を通して交流するというもので、今、大学生も含め約160人が参加している。「刑務所にいると自分は社会から取り残され、何の価値もない人間に思えてくる。手紙というものが、そういった気持ちを本当に救ってくれる」と五十嵐は力を込めて話す。

ラブレター・プロジェクトの他にも、コーヒー豆の販売や便利屋サービス、古本募金などの活動も行っている。これらは、出所者の就労支援事業の一環として行われているものだ。「支援で大切なのは、立ち上がれるようにすること」だと五十嵐氏は活動の意義について説明する。さらに、「出所者」とあえて表示することで、社会の偏見をなくすことにつながっていくという。

マザーハウスに行けば居場所がある。そう受刑者が思えるような活動を広げ、また一人でも多くの人にその存在を知ってもらおうと、五十嵐氏はさまざまな場所へ自ら出向き講演活動も行っている。出所後まだ3年と数カ月しかたたないが、「日本のカルカッタ」へ向かう五十嵐氏の思いは熱く、「必ず扉は開かれる」と、イエスと共に行くその信仰の歩みには固い確信が満ちている。

■ ︎特定非営利活動法人マザーハウス
住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町1-41-11-101
電話:03・6276・0245
FAX:03・6659・9647
サイト:http://www.motherhouse-jp.org
フェイスブック:http://www.facebook.com/v.t.nicolas

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


インタビューの最新記事 インタビューの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース