「イスラム国」、拉致キリスト者19人を解放

2015年3月3日16時01分 印刷

【CJC=東京】シリア北東部ハサカ県のハブール川流域の村で2月下旬、過激派組織「イスラム国」(IS)がアッシリア系キリスト者220人以上を拉致した。その後、ISが3月1日、拉致したキリスト者のうち少なくとも19人を解放したことが確認された。ただ未解放の人たちをめぐる不安はなお解消されていない。

英国に本部を置くシリア人権監視団体は2月26日、「ISは3日間、シリア北東部の地域を攻撃し、クルド人戦士と衝突し、ハサカ市近郊のキリスト者の住む10の村を制圧した後、220人のアッシリア人を拉致した」と発表した。さらに、「23日、ハサカ県タルシャミラム村で、90人のアッシリア系キリスト者が拉致された」と報告している。

アッシリア民主組織のバシル・サエディ氏は、男性16人と女性3人が3月1日、ハサカ市の聖母マリア教会に無事戻ってきたと述べた。同氏によると、19人は全員タルゴラン村出身。サエディ氏は、19人の年齢が50歳ぐらいかそれより上で、解放には年齢が関係した可能性があるとしている。アッシリア人権ネットワークは、19人は非イスラム教徒に課される税金を払った後、シャリア(イスラム法典)裁判所の命令によって解放されたと伝えている。金額は不明。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース