行本尚史の記事一覧

ギリシャ正教会の大主教、難民のための責任分担をEUに強く要求

ギリシャ正教会の大主教、難民のための責任分担をEUに強く要求

ギリシャの国民は何年もの経済危機で疲れ果てており、同国の正教会の最高指導者は欧州連合(EU)に対し、受け入れている難民の数を制限するという決定を考え直すよう嘆願している。世界教会協議会(WCC)が3月31日、公式サイトで伝えた。

2016年04月01日20時41分

ロシア正教会とビリー・グラハム伝道協会、迫害されたキリスト教徒を助ける世界サミットを開催へ

ロシア正教会とビリー・グラハム伝道協会、迫害されたキリスト教徒を助ける世界サミットを開催へ

ロシア正教会とビリー・グラハム伝道協会は3月29日、迫害されたキリスト教徒を助ける取り組みを開始したとする共同の記者発表資料を各公式サイトに掲載した。

2016年04月01日17時22分

アジアキリスト教協議会総幹事とアジア福音同盟総主事も非難 パキスタンの自爆テロで

アジアキリスト教協議会総幹事とアジア福音同盟総主事も非難 パキスタンの自爆テロで

アジアキリスト教協議会総幹事のマシューズ・ジョージ・チュナカラ博士は28日、CCAに加盟しているパキスタン教会協議会、パキスタン教会、パキスタン長老教会に連帯の書簡を送り、「罪のない人々への自爆による襲撃は卑怯な犯罪」などと述べた。

2016年03月30日21時05分

「もううんざりだ」 パキスタン教会の議長、復活日に起きた自爆テロに嘆く

「もううんざりだ」 パキスタン教会の議長、復活日に起きた自爆テロに嘆く

パキスタン東部の都市・ラホールで復活祭の主日に70人を超える死者と300人を超える負傷者が出た自爆テロを受けて、パキスタン教会の議長であるサミュエル・アザリア主教は、パキスタンが限界点に達していると述べた。

2016年03月30日20時55分

国際基督教大のクリスチャン政治学者と憲法学者、安保法制の施行に連名でコメント

国際基督教大のクリスチャン政治学者と憲法学者、安保法制の施行に連名でコメント

国際基督教大学(東京都三鷹市)の千葉眞特任教授(政治学、同大学平和研究所長、無教会信徒)と稲正樹客員教授(憲法学、日本基督教団みくに教会員)は、29日に施行された安保法制について、30日、本紙にコメントを連名で寄せた。以下はその全文。

2016年03月30日20時22分

教皇フランシスコ、パキスタンのキリスト教徒に対するテロリストの襲撃を非難 

教皇フランシスコ、パキスタンのキリスト教徒に対するテロリストの襲撃を非難 

教皇フランシスコは復活節の月曜日、サン・ピエトロ広場の巡礼者たちに対し、パキスタンのラホールでのテロリスト襲撃による犠牲者たちのために、祈りの時を持とうと一時休止を呼び掛けた。

2016年03月29日15時16分

「命を大事に、連帯を続けて」 平和ネットの渡辺さん、安保法制施行前の集会でカインとアベルの話を紹介

「命を大事に、連帯を続けて」 平和ネットの渡辺さん、安保法制施行前の集会でカインとアベルの話を紹介

「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が主催する28日の「戦争法制施行に抗議する国会座り込み行動」の中で、午後3時からの集会が衆議院第2議員会館前で行われ、参加者は主催者発表で約400人から約500人に増えた。

2016年03月28日17時59分

今は「新しい戦前だ」 29日の「戦争法制施行」に抗議 国会正門前でキリスト者の団体も大集会に参加へ

今は「新しい戦前だ」 29日の「戦争法制施行」に抗議 国会正門前でキリスト者の団体も大集会に参加へ

「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」は28日正午から午後5時まで、衆議院第2議員会館前の歩道を中心として、「戦争法制施行に抗議する国会座り込み行動」を行っている。

2016年03月28日13時59分

【新刊案内】小林孝吉著『内村鑑三 私は一基督者である』

【新刊案内】小林孝吉著『内村鑑三 私は一基督者である』

本書の序詞で著者は、「3・11」以後「未来への望みの門は、いったい、どこにあるのだろうか」と問い、本書は「そんな朝露のごとく無常なる〈私〉が、来たりては去るこの世に生きた証としての『信仰』への文学的な旅でもある」と述べている。

2016年03月27日9時37分

「3号機の再稼働止めるのが先決」 伊方原発に反対する地元団体代表の信徒や牧師、1号機廃炉決定で語る

「3号機の再稼働止めるのが先決」 伊方原発に反対する地元団体代表の信徒や牧師、1号機廃炉決定で語る

四国電力が25日、愛媛県の伊方原発1号機を廃止することを決定したのを受けて、同原発に30年以上反対している「八幡浜・原発から子どもを守る女の会」代表の斉間淳子さんは同日、廃炉は当然だが喜ぶべきことではないと語り、次のように述べた。

2016年03月26日12時43分

原発・原爆から見たエネルギー・環境問題とキリスト教の役割 関東学院大で「環境神学」シンポジウム開催

原発・原爆から見たエネルギー・環境問題とキリスト教の役割 関東学院大で「環境神学」シンポジウム開催

関東学院大学キリスト教と文化研究所は19日、東日本大震災からどのように回復、再生すべきか、どのような社会システムを構築したらよいのかを基本的に考え直し、キリスト教の役割をあらためて考えようと、公開シンポジウムを開催した。

2016年03月24日12時28分

ベルギーの教会、爆弾テロを受けて声明発表 相次ぐ祈りの呼び掛けや非難・連帯の声

ベルギーの教会、爆弾テロを受けて声明発表 相次ぐ祈りの呼び掛けや非難・連帯の声

22日にベルギーの首都ブリュッセルの空港や地下鉄の駅で死者を出したテロ攻撃を受けて、同国で多数派のカトリック教会では、司教団が非難声明を発表し、祈りを通じた被害者との連帯と国民の団結を呼び掛けた。

2016年03月23日15時58分

【新刊案内】渡辺信夫著『信仰にもとづく抵抗権』

【新刊案内】渡辺信夫著『信仰にもとづく抵抗権』

「私にとって、神を信じることは私が私であることの根拠である。だから、抵抗権は神を信じる私にとって、神から授けられた恵みの賜物、あるいは神から託されたタラントである。抵抗権は信仰によってこそ考えられるものであった」と、著者は言う。

2016年03月22日16時27分

宗教者九条の和、「緊急事態条項」の新設に反対アピール

宗教者九条の和、「緊急事態条項」新設に反対アピール

キリスト者や仏教者などがつくる平和運動団体「宗教者九条の和」は17日、参議院議員会館で宗教者祈念集会を開き、40人の参加者が「『いのち』と人権を守るため『緊急事態条項』の新設に反対しよう!」と題する緊急アピールを採択した。

2016年03月18日21時28分

米国の牧師、日本への巡礼を語る 大量破壊兵器への偶像崇拝を警告(動画あり)

米国の牧師、日本への巡礼を語る 大量破壊兵器への偶像崇拝を警告(動画あり)

スティーブン・シドラック氏が「生死の問題に関わる日本への正義と平和の巡礼」について語るとき、彼の声は情熱と責任、そして後悔と共に鳴り響く。核兵器が決して二度と怒りを持って用いられてはならないという切なる思いと共に。

2016年03月18日17時16分

聖書協会、戦争のただ中で続くシリアでの聖書頒布事業

聖書協会、戦争のただ中で続くシリアでの聖書頒布事業

シリア内戦が始まってから約5年。同国の人口の半分が殺され、あるいはすみかを追われたが、同国の聖書協会は、聖書を必要としている全ての人々に聖書を提供する事業を続けている。

2016年03月18日16時56分

シスターから聖人へ マザー・テレサの生涯を探求する

シスターから聖人へ マザー・テレサの生涯を探求する

列聖されることになったマザー・テレサは、その生涯において、そして今もなお、世界で最も有名な人々のうちの一人である。しかし彼女は実のところ誰だったのか?そしてどのようにして聖人であると宣言されるようになったのか?

2016年03月16日15時46分

枢機卿会議:新たに5人を聖人として承認、マザー・テレサの列聖式9月に

枢機卿会議:新たに5人を聖人として承認、マザー・テレサの列聖式9月に

教皇フランシスコは15日、バチカンで開かれた枢機卿会議の席で、マザー・テレサら5人の福者の列聖を承認する教令に署名した。これによって列聖が承認されたのは、次の5人の福者。また教令にはそれぞれの列聖式の日取りが明記された。

2016年03月16日12時56分

ギリシャ正教会の司祭が設立した団体、難民を助けて欧州議会から受賞

ギリシャ正教会の司祭が設立した団体、難民を助けて欧州議会から受賞

ギリシャのレスボス島は、紛争を逃れてくる難民や移民にとって、ヨーロッパで最初の上陸地点である。彼らの多くは、より良い暮らしを求めて、危険な地中海をものともせず、密輸業者に頼っている。

2016年03月14日23時56分

シリア難民、イタリアに到着 キリスト教団体の支援プロジェクトで

シリア難民、イタリアに到着 キリスト教団体の支援プロジェクトで

「彼らはほとんど何も持たずに、恐怖と希望に満ちて到着しました」と、パオロ・ナソ博士は、2月29日にベイルートから来た飛行機から、93人のシリアからの移住者―うち41人は子どもたち―が降りるのを見つめながら話した。

2016年03月12日20時56分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース