国際基督教大のクリスチャン政治学者と憲法学者、安保法制の施行に連名でコメント

2016年3月30日20時22分 記者 : 行本尚史 印刷
+国際基督教大のクリスチャン政治学者と憲法学者、安保法制の施行に連名でコメント
29日午後6時半より開かれた「戦争法発動反対!戦争する国許さない 3・29閣議決定抗議!国会正門前大集会」の正門前付近の様子。主催者発表で3万7千人が参加し、日本カトリック正義と平和協議会(写真右の青い旗)のほか、「平和を実現するキリスト者ネット(キリスト者平和ネット)」や日本バプテスト連盟、立教大学などの旗も見られた。

国際基督教大学(東京都三鷹市)の千葉眞特任教授(政治学、同大学平和研究所長、無教会信徒)と稲正樹客員教授(憲法学、日本基督教団みくに教会員)は、29日に施行された安保法制について、30日、本紙にコメントを連名で寄せた。以下はその全文。

3月29日、いよいよ問題だらけの安保法が施行された。日本が参戦するリスクを大幅に高める問題だらけの法制である。この法制は、政府主導の戦争を絶対阻止しないといけないという戦争直後の日本国民が共有した戦争へのリアルな認識と平和への冷徹な決意を踏みにじる暴挙である。世界各地で起こるであろう米国の戦争への加担を許す法制である。「政府の行為によって再び」起こる「戦争の惨禍」への想像力の欠如、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」する精神の尊さを欠如した安倍政権の平和ボケした思慮を欠いた法制である。

2年前の7月1日の集団的自衛権行使の閣議決定に始まり、昨年9月19日未明の安保法の採決強行に至る安倍政権の所作が、いかにこれまで国政において重視されてきた立憲主義、法の支配、民主主義的な適正手続き(デュー・プロセス)、平和主義の尊さを無視してきたことか。

憲法と法律と慣例を次々に無視して暴走する安倍政権。その数年間の間違いを今すぐ元に戻す作業に着手しないとまずいだろう。そうしないと、戦後築き上げてきた立憲主義、民主主義、平和主義の成果が消失してしまう。こうした今日の政治的危機を察知した国民がこぞって立ち上がり、来るべき夏の参院選には安倍内閣を政権から引きずりおろす第一歩にする必要があろう。

要は参院選で安倍政権を勝たせないことである。また今、総がかり行動実行委員会を中心に提起されている4月末までの2千万人署名を成し遂げ、政府に提出することであろう。

国際基督教大学 平和研究所所長・特任教授(政治学) 千葉眞
客員教授(憲法学) 稲正樹

なお、「戦争させない・9条壊すな!総がかり実行委員会」が現在、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」をしており、千葉氏や稲氏も呼び掛け人となっている「立憲デモクラシーの会」もその協賛をしている。署名用紙はこちら(PDF)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース