【新刊案内】小林孝吉著『内村鑑三 私は一基督者である』

2016年3月27日09時37分 記者 : 行本尚史 印刷
関連タグ:内村鑑三
+【新刊案内】小林孝吉著『内村鑑三 私は一基督者である』
小林孝吉著『内村鑑三 私は一基督者である』

本書の序詞「天地無始終、人生有生死」で著者は、「3・11」以後「未来への望みの門は、いったい、どこにあるのだろうか」と問い、本書は「そんな朝露のごとく無常なる〈私〉が、来たりては去るこの世に生きた証としての『信仰』への文学的な旅でもある」と述べている。

「それはまた、旧約の時代から流れつづけるキリスト教の何千年という大河を、日本近代の無教会信仰の基督者・内村鑑三とともに、その水源地へ、根源へ向けて遡(さかのぼ)る、私自身のあまりにも小さな文学的試みにして自由への道でもあろう」と著者は説明している。

帯には「非戦論と無教会の水脈」「一基督者・内村鑑三の生涯と再臨信仰に批評の光をあてる」「ここには困難に満ちた未来社会への永遠の希望が流れている」と記されている。

本書のプロローグ「信仰と希望」で著者は、内村鑑三研究で知られる鈴木範久氏の著書『内村鑑三の人と思想』(岩波書店、2012年)から見えてくる内村鑑三について述べている。その後、日本近代とキリスト教、内村鑑三とキリスト教、霊的回心と贖罪信仰、悲嘆と希望、現世と高尚なる一生涯、信仰と社会、キリスト教と無教会信仰、インマヌエルと福音、復活と再臨について、内村の著書や北村透谷、滝沢克己、椎名麟三などに触れながら論じている。

そして、エピローグで、「貴君(あなた)は一体何です乎(か)?」という問いに対し、著者は内村鑑三に代わって、「私自身のためにも」「私は一基督者である」と答えたいと記し、「ここに、明治維新から日本近代、大正、昭和初期まで、無教会の信仰者として、十字架・復活・再臨信仰に生きた一基督者・内村鑑三の信仰と希望と愛がある」と結んでいる。

著者は神奈川大学常務理事を務める文芸評論家。「千年紀文学」編集人。日本社会文学会、滝沢克己協会会員。「神奈川大学評論」創刊以来編集専門委員を務めている。著書に『椎名麟三の文学と希望―キリスト教文学の誕生』(菁柿堂、2014年)など多数、編著に滝沢克己著『西田哲学の根本問題』(編・解説、こぶし書房、2004年)がある。

小林氏は、19日に関東学院大学で行われたシンポジウムで、「原発と原爆の問題から3・11以後の問題、未来の問題を考えるときに、内村の再臨信仰は大きな希望になり可能性になっていくのではないかと思う。そういう意味では、再臨は今日テーマになっている環境問題、あるいは環境神学、そういう信仰の源にあるものとつながっていくのではないか」と述べている。(関連記事はこちら:「原発・原爆から見たエネルギー・環境問題とキリスト教の役割 関東学院大で『環境神学』シンポジウム開催」)。

本書はそのような再臨信仰を含め、一基督者としての内村鑑三が持つ今日的な意味を考える上でも、興味深い本である。

小林孝吉著『内村鑑三 私は一基督者である』御茶の水書房、2016年1月15日、393ページ、本体4400円(税別)

関連タグ:内村鑑三

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

神学書を読む(58)現代の米国における「福音派」を多方面から考察する決定的な一冊 『Evangelicals』

神学書を読む(57)『悪について誰もが知るべき10の事実』

『女のキリスト教史』 「#MeToo」運動と一線を画す「もう一つのフェミニズム」の系譜

『世界一ゆるい聖書教室』 フォロワー10万人超の人気ツイッターから生まれたシリーズ第2弾

モーリヤック著『イエスの生涯』 ノーベル文学賞受賞のカトリック作家が描く異色のイエス伝

私の語学学習経験と『古典ギリシア語入門』 CD付きの画期的な入門書

神学書を読む(56)「令和」となった今こそ振り返るべき日本の宗教 『日本人は本当に無宗教なのか』

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(後編・クリスチャンから見た本書)

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(前編・クリスチャンでない人から見た本書)

神学書を読む(54)永井孝尚著『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース