塚本春美の記事一覧

塚本春美

ライフ・ホープ・ネットワーク通信(4)マイカ君の養親になったシンシア 塚本春美

そんなわけで来日し、ある有名私立大学の講師をしながらの日本生活が始まり、あっという間の15年が過ぎ去りました。その間、シンシアの生活は激変の一途をたどります。

2015年09月05日14時09分

塚本春美

ライフ・ホープ・ネットワーク通信(3)シンシアはなぜ日本に来たの? 塚本春美

前回はシンシアのお母さんの証しをご紹介しました。今回は、シンシアがどうして日本に来たのか、彼女に語ってもらいました。

2015年08月03日16時56分

塚本春美

ライフ・ホープ・ネットワーク通信(2)シンシア・ルーブルの証し 塚本春美

彼女のこのようなストーリーがあるからこそ、主が彼女を用いておられることがよく分かります。母の祈りは強い! シンシアのお母さんのような祈りが誰にでもできるとは思いませんが、そのような信仰がほしいと思わず祈ってしまいます。

2015年07月06日16時15分

塚本春美

ライフ・ホープ・ネットワーク通信(1)シンシア・ルーブルに与えてくださった神様からの使命 塚本春美

「母親の力む声、と同時に小さな命の誕生! しかし、生まれ出たこの命がどこへ行こうとしているのか・・・」。2012年10月に放映された中京テレビの文化庁芸術祭参加作品「マザーズ『特別養子縁組』母たちの選択」の最初のシーンです。

2015年06月09日15時07分

塚本春美

本屋ぴりぽ、5月はお休み! 塚本春美

5月は、本屋ぴりぽはお休みをいただいています。いただいているといっても、誰かに許可を得なければならないわけでもなく、ひとえに主に尋ね、そして「いただいた」結果なのです。

2015年05月06日20時54分

塚本春美

本屋ぴりぽの収穫第1号! 逸子おばあちゃん 塚本春美

逸子さん。もうすぐ102歳になる義母の名前です。新生年齢4歳。一昨日から我が家にお泊りに来てくれています。このおばあちゃんは我が家族では女性版日野原先生。

2015年03月25日14時11分

塚本春美

本屋ぴりぽの生い立ち(6) 塚本春美

一番取り組みたかった事。本屋ぴりぽがオープンしてからチャレンジしてみたかった事は、教派を超えての牧師先生方のご招待です。

2015年02月22日7時14分

塚本春美さん

本屋ぴりぽの生い立ち(5) 塚本春美

ひと切れのクッキーが、毎月1日の午前中、本屋ぴりぽのオープンを待っているかのように送られてきます。ひと切れと言っても本当にたった一つのクッキーが送られてくるわけではありません。約100ピースぐらいだと思いますが、正確に数えたことはないので。

2015年01月29日13時50分

塚本春美さん

本屋ぴりぽの生い立ち(4) 塚本春美

さあ、オープンというところまで来ましたが、大切な事を記すのを忘れていました。肝心の本は、どこ? それこそ、本がなくて、どうして本屋さんと言えるでしょう。

2015年01月03日8時51分

塚本春美さん

本屋ぴりぽの生い立ち(3) 塚本春美

現在は、主人と2人の生活。3人の子どもたちは、それぞれに家庭を持ち、遠方に住んでいます。自宅を開放することに関しても、私なりの小さな痛みがありました。それが、私の傲慢さが砕かれる訓練だったことは、後で知ることになります。

2014年11月20日21時29分

塚本春美さん

本屋ぴりぽの生い立ち(2) 塚本春美

思いがけないところから、主は私たちにビジョンを与えてくださいます。アモス。彼は職業的な預言者には属さず、一介の農夫に過ぎなかったのですが、神によって預言者に召されました。

2014年11月04日6時49分

塚本春美さん

本屋ぴりぽの生い立ち(1) 塚本春美

「ZZZ・・・zz、スーウ。ZZZ・・・zz、グゥース・・・zzz・・・」。どっかりと、深々と居心地良さそうにカウチに身を預けて深い眠りにいるこの人は?? そして、ここはどこ?? ええ、ここは本屋さん「ぴりぽ」のリビング!

2014年10月08日19時14分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース